MENU

CHIBA JETS FUNABASHI

MENU

ARCHIVES

HOME>ニュース>GAME RESULTS>2015-2016シーズン>2015/11/28(土) 西宮ストークス戦

2015/11/28(土) 西宮ストークス戦

2015/11/28(土) 西宮ストークス戦

試合終了
97 73
31 1Q 18
20 2Q 20
24 3Q 15
22 4Q 20
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
    -   -   -   -  
西宮ストークス PTS AST RBD PF
    -   -   -   -  

レポート

今シーズン初の八千代市市民体育館での一戦、西宮ストークスに対してジェッツは#5リカート、#11西村、#12岡田、#27石井、#34小野のラインナップでスタートする。ジェッツは開始から西宮#54ガーデナーに得点を許す状況が続いてしまう。しかしジェッツは#34小野がポストムーヴから得点するなど離されずに喰らいついていく。ジェッツは#12岡田がスクリーンを使ってフリーになると3Pをしっかりと決める。ジェッツは#5リカートのシュートが不調だが代わりに#34小野がフックシュートを決めるなど、チームでの得点をしていく。ジェッツは#5リカートが中盤で個人ファールを2つとすると#13チャップマンを投入する。すると、ジェッツ#13チャップマンのブロックショットからパスで展開し、#27石井がコーナーで3Pを決めるなどオフェンスにも動きが出てくる。ジェッツは西宮#15根来にオフェンスリバウンドを取られるシチュエーションが多くなるがオフェンス面が好調で#34小野、#12岡田と3Pを立て続けに決め相手に流れを渡さないと、速攻から#11西村がロブパスを放つと#13チャップマンがアリウープダンクで合わせ会場を沸かせる。西宮は残り時間が少なくなると#54ガーデナーが積極的に3Pを狙っていくが決めきれない。対するジェッツは#11西村、#13チャップマンが3Pを決め31対18と13点のリードを奪い上々の滑り出しを見せる。
 

レポート

第2ピリオド、ジェッツは#13チャップマンがミドルレンジからジャンプショットを決めるとこのピリオドから初出場となる#18ジョーンズがハッスルプレーを見せ、コーストゥコーストでシュートを決めると、ポストムーヴから#13チャップマンの3Pをお膳立てする。ジェッツは#18ジョーンズが流れを作ると#12岡田のジャンプショットで20点差まで広げると、#11西村に代えて#2富樫を投入し、もう一段、ゲームの流れに変化をもたらせようとする。西宮は#54ガーデナーを中心にオフェンスを組み立て反撃に出ようとする。ジェッツは#18ジョーンズがオフェンスリバウンドを取るとスタンディングジャンプでダンクショットを決める。しかし、西宮も#54ガーデナー、#9谷と連続得点をし、11点差まで追い上げてくるとジェッツはタイムアウトを請求する。タイムアウト明け、ジェッツは西宮#54ガーデナーにバスケットボールカウントプレーを決め一桁まで追い上げられてしまう。しかしここでジェッツ#12岡田が3Pを決め返し、相手に流れを渡さない。ジェッツの流れは止まらず#2富樫が速攻を仕掛けると西宮#13道原がハードファールで止め、ボーナスを獲得する。ジェッツは終始リードを保ち51対38で13点のリードで前半を終了する。
 

レポート

第3ピリオド、ジェッツは#5リカートがインサイドでしっかりとシュートを決めると#27石井も3Pシュートを決める。しかし、西宮も#54ガーデナーを中心としたオフェンスで得点し両者得点の取り合いとなる展開。ジェッツは#11西村がディフェンスの裏をつくパスを#5リカートに合わせると、そこから#5リカートが連続得点をし、前半の不調を晴らす活躍を見せる。ジェッツはインサイドの働きが良くなると、#7宮永がゲームをコントロールし、アシストを量産する。流れが良いジェッツはボールが良く回り速攻でもしっかりと見方を使うプレーで得点をし、24点差まで広げると西宮はタイムアウトを請求する。しかし、ジェッツは集中力を切らさず75対53と22点差でこのピリオドを終了する。
 

レポート

第4ピリオド、ジェッツは#13チャップマンがオフェンスで粘りシュートを決めていく。対する西宮は#54ガーデナーが連続得点を重ね速攻からダンクシュートを決めるなどしていく。ジェッツは#5リカートに代えて#18ジョーンズを投入する。ジェッツは#7宮永が#2富樫と共にゲームをコントロールするとパス交換からミドルシュートを決めていく。アスレチックなインポートプレイヤー二人をコートに置くジェッツは#2富樫が速攻からレイアップシュートを決めにかかると#18ジョーンズ、#13チャップマンと立て続けにオフェンスリバウンドに飛び込み最後は#13チャップマンが豪快にダンクシュートを決める。ジェッツ#18ジョーンズは体格差に負けないフィジカルで西宮#54ガーデナーに対して好ディフェンスを見せる。残り時間が4分ほどになったところでジェッツはこれまで出場機会のなかった#3星野を投入するとコアなブースターからこの日一番の声援が飛ぶ。ジェッツ#3星野はその声援に応え、ジャンプシュートを決めるなどチームに貢献し、開幕から続いたホームの連敗を止め、通算100勝のメモリアルマッチとなった。
 
オープンセサミ
15:00

八千代市市民体育館
2015年11月28日
VS [西宮ストークス]
MORE