MENU

CHIBA JETS FUNABASHI

MENU

ARCHIVES

HOME>ニュース>GAME RESULTS>2015-2016シーズン>2015/12/20(日)リンク栃木ブレックス

2015/12/20(日)リンク栃木ブレックス

2015/12/20(日)リンク栃木ブレックス

試合終了
81 83
24 1Q 23
16 2Q 15
23 3Q 22
18 4Q 23
リンク栃木ブレックス PTS AST RBD PF
田臥 勇太  6   2   2   1  
前村 雄大  -   -   -   -  
小林 大祐  -   -   -   -  
山田 大治  4   0   0   2  
遠藤 祐亮  7   3   5   2  
11  須田 侑太郎  -   -   -   -  
13  渡邉 裕規  5   2   0   4  
22  ニコラス・ツキティシュビリ  -   -   -   -  
24  トミー・ブレントン  20   8   20   3  
25  古川 孝敏  15   1   1   4  
27  熊谷 尚也  6   0   4   2  
32  ライアン・ロシター  18   3   4   4  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
阿部 友和  -   -   -   -  
富樫 勇樹  0   3   0   2  
星野 拓海  -   -   -   -  
リック・リカート  13   3   6   3  
宮永 雄太  -   -   -   -  
11  西村 文男  11   1   2   2  
12  岡田 優介  6   2   1   3  
13  クリント・チャップマン  29   0   13   5  
18  デクアン・ジョーンズ  5   1   4   2  
22  上江田 勇樹  3   0   0   0  
27  石井 講祐  2   0   2   1  
34  小野 龍猛  14   4   7   2  

レポート

リンク栃木ブレックスとの第2戦、ジェッツのスタートは昨日と変わらず#5リカート、#11西村、#12岡田、#27石井、#34小野のラインナップでスタートする。ジェッツ、栃木共に開始から高集中力を見せる試合展開になる。ジェッツは#5リカートのインサイドを中心に攻め込むと、栃木も#25古川が高確率でジャンプショットを決め互いに得点を決めていく。ジェッツは#27石井がドライブからシュートを決めていくが、栃木も#32ロシター、#9遠藤に連続得点を許してしまう。ジェッツも#5リカートがシュートを決めていくが、またしても栃木#9遠藤に今度は3Pを決められ残り3分を切ったところで5点差を付けられるとジェッツはタイムアウトを請求する。ジェッツは#5リカートが#12岡田の3Pが外れたのをオフェンスリバウンドから決めるが、栃木にも#24ブレントンに同じようにオフェンスリバウンドから得点を許してしまう。ジェッツは終盤に#34小野が3Pを含む連続得点をするが栃木も決め返し、23対24と1点ビハインドでこのピリオドを終了する。

レポート

第2ピリオド、ジェッツは栃木#27熊谷にシュートを決められるが、ジェッツも#13チャップマンがフェイダウェイショットを決め返していく。ジェッツはオフェンスリバウンドをこの試合も栃木#27熊谷を中心に取られてしまうが悪い流れをジェッツ#11西村がスティールからレイアップシュートに持ち込み流れを断ち切ると、#13チャップマンもポストムーヴからファールをもらいフリースローを獲得する。このファールで個人ファールを栃木#32ロシターが2つとすると、栃木はタイムアウトを請求する。タイムアウト明け栃木はゾーンディフェンスに切り替えてくる。ジェッツは#18ジョーンズのインサイド、#13チャップマンがブロックショットから#18ジョーンズが持ち込むと最後は#13チャップマンが豪快なダンクを叩き込む。ジェッツは中盤まで勢いよく攻め込んでいくが終盤に入るとポストエントリーのパスを何度もスティールされてしまう。しかし、ディフェンス面での集中力が見られ最少失点で切り上げ劣勢ながらも38対40と2点ビハインドで前半を終了する。

レポート

第3ピリオド、ジェッツは高ディフェンスを見せるが最後の詰めが悪く栃木にフィニッシュされてしまう。栃木は開始から#8山田を入れるビッグラインアップで挑んでくる。ジェッツはそれでも#34小野が#5リカートのインサイドアウトで3Pを決めると#12岡田もドライブから得点をする。栃木は#25古川がバスケットボールカウントプレーを決めるなど好調を見せるが開始2分のところで栃木#32ロシターがファールに対してゴールポストを叩きテクニカルファールを吹かれ個人ファールを4つとしてしまいベンチに下がらざる得なくなってしまう。ここを攻め込みたいジェッツであるが浮足立ち、オフェンスを遂行できないと逆に栃木に連続得点を許してしまい、7点のビハインドを背負ったところで多無アウトを請求する。ジェッツは#11西村に代えて#2富樫、#5リカートに代えて#13チャップマンを投入する。試合はフィジカルなゲーム展開となり、栃木も3Pを積極的に狙っていく。ジェッツは#34小野が#2富樫のパスから3Pを決めると、#22上江田も#2富樫のファーストブレイクのパスから3Pを決め、ビハインドを縮め流れを引き戻すと#13チャップマンもオフェンスリバウンドに積極的に絡みファールからフリースローを獲得し同点とする。栃木#32ロシターのいない栃木のゾーンディフェンスに対してジェッツ#13チャップマンが3Pを決めリードを奪うと雄たけびを上げる。リードを保ちたいジェッツであったが栃木#8山田、#24ブレントンと最後に連続得点を許してしまい60対63と再びリードを奪われ最終ピリオドへ。

レポート

第4ピリオド、ジェッツはボールを失いそうになるが#2富樫がフォローすると、#18ジョーンズが相手をかわしながらシュートを決める。しかし、栃木#25古川とジェッツ#2富樫のローテーションからのミスマッチを突かれるとジェッツは#11西村を代わりに投入する。ジェッツは相手のゾーンディフェンスに対して攻め手を欠いてしまうと分を切ったところで個人ファールを4つとしていた栃木#32ロシターがコートに戻ってくる。しかしジェッツはそこを逆手に取るように栃木#32ロシターがファールを出来ない状況下のポストを攻め込み、ジェッツ#13チャップマンが連続ダンクで得点を重ねていく。好調のジェッツ#13チャップマンであったが6分を切ったところで個人ファールをこちらも4つとしてしまう。ジェッツ#13チャップマンはそれでも栃木#32ロシターに対して積極的にアタックをし、ダンクを決めていく。それでも栃木#32ロシターも一筋縄でいかずバスケットボールカウントプレーを決め、一進一退の状況が続いていく。残り2分を切ったところでジェッツ1点リードのなか、#13チャップマンがまたしてもダンクで得点を決めると、スティールから#34小野がバスケットボールカウントプレーとなるファーストブレイクを決め、5点差まで広げると栃木はタイムアウトを請求する。タイムアウト明け、栃木#0田臥にジャンプショットを決められるが、こちらもジェッツ#11西村が3Pを沈め勝利を引き寄せる。栃木は時間が少なくなるとファールゲームを仕掛けてくる。ジェッツは5本連続でフリースローを決められず精彩を欠くと残り時間0.14秒の場面でついには栃木#13渡邉に3Pを決められてしまう。両者ともにタイムアウトが残っていない状況でジェッツのアウトオブバウンズからスタートするがジェッツはここで5秒バイオレーションを取られてしまう。一転、ピンチに陥ったジェッツは栃木#32ロシターに3Pを打たれてしまう。しかしこのシュートはリングに嫌われ、何とか勝利をものにし、1勝1敗で来週の水曜日の試合へと繋げた。

16:00

鹿沼総合体育館フォレストアリーナ
2015年12月20日
VS [リンク栃木ブレックス]
MORE