MENU

CHIBA JETS FUNABASHI

MENU

ARCHIVES

HOME>ニュース>GAME RESULTS>2015-2016シーズン>2015/12/23(水・祝) リンク栃木ブレックス戦

2015/12/23(水・祝) リンク栃木ブレックス戦

 

2015/12/23(水・祝) リンク栃木ブレックス戦

試合終了
64 71
15 1Q 16
23 2Q 13
16 3Q 19
10 4Q 23
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
阿部 友和  -   -   -   -  
富樫 勇樹  16   0   1   2  
星野 拓海  -   -   -   -  
リック・リカート  10   2   17   3  
宮永 雄太  -   -   -   -  
11  西村 文男  7   0   1   2  
12  岡田 優介  7   0   0   2  
13  クリント・チャップマン  10   1   3   2  
18  デクアン・ジョーンズ  5   2   9   4  
22  上江田 勇樹  0   0   0   0  
27  石井 講祐  6   6   1   2  
34  小野 龍猛  3   0   2   2  
リンク栃木ブレックス PTS AST RBD PF
田臥 勇太  2   0   1   0  
前村 雄大  -   -   -   -  
小林 大祐  0   0   0   0  
山田 大治  0   0   0   0  
遠藤 祐亮  0   0   0   2  
11  須田侑太郎  -   -   -   -  
13  渡邉 裕規  18   1   1   2  
17  安藤 誓哉  -   -   -   -  
24  トミー・ブレントン  3   5   20   3  
25  古川 孝敏  12   1   1   4  
27  熊谷 尚也  0   0   1   1  
32  ライアン・ロシター  36   3   13   2  

レポート

リンク栃木ブレックスとの3連戦、最終戦。1勝1敗でホームに戻ってきたジェッツは、#5リカート、#11西村、#12岡田、#27石井、#34小野のラインナップでスタートする。ジェッツはこのピリオドを通じて栃木にオフェンスリバウンドを取られるシチュエーションが多く簡単にディフェンスを終わらせることが出来ない。ジェッツは開始、#5リカートが栃木#32ロシターをかわしインサイドで得点をするが、その後2連続ターンオーバーをしてしまうなど精彩を欠いてしまう。劣勢に立たされるジェッツであるが#34小野が遠い位置から3Pを決め同点とすると、ジェッツ#5リカートも強引にインサイドで得点をしていく。その後、ジェッツは3Pを積極的に狙っていくが決めきれない状況が続き、両者ともにこう着状態が続く。先に動いたのは栃木で残り時間4分13秒で#0田臥に代えて#13渡邉を投入していく。ジェッツは#12岡田が3P、味方がスティールしたのをレイアップシュートで確実に決めるなど得点をしていく。栃木も#32ロシターや#13渡邉らが得点をして逆転、リードを広げていく。ジェッツは残り10秒を過ぎたところでピックから#11西村が3Pを決め1点差にする。残り時間が少ない中、栃木が最後のオフェンスを仕掛け#24ブレントンが押し込んだかに思われたがこの得点はノーカウントとなり15対16と1点ビハインドでこのピリオドを終了することとなる。

レポート

第2ピリオド、ジェッツは、栃木#24ブレントン、#32ロシターのホットラインに連続得点を許してしまう。ディフェンス面でスモールラインナップのジェッツは#24ブレントンを止められず、#12岡田に代えて#34小野、#13チャップマンに代えて#5リカートを投入する。攻撃に関してもアクセントを加えたいジェッツは#11西村に代えて#2富樫を投入する。ジェッツは栃木#13渡邉にドライブから得点を許してしまうがジェッツ#27石井が3Pを決め返してしまう。栃木は速攻からリズムが良いと#25古川が3Pを早打ちで決めていく。攻め手に欠けるジェッツは#5リカートがドライブから強引に得点をしていく。状況を打破したいジェッツはここでオフィシャルタイムアウトを迎える。オフィシャルタイムアウト明け、栃木はゾーンディフェンスを仕掛ける。決定打を示せないジェッツであるが#2富樫が自ら3Pを決めると、次のオフェンスでも#2富樫が連続となる3Pを決め1点差まで詰め寄る。栃木は攻め手を欠いているとタイムアウトを請求する。タイムアウト明け、ジェッツはインサイドアウトから#27石井が3Pを決めると、焦りの見える栃木はオフェンスを構築できずタフショットが多くなる。対するジェッツは先のインサイドアウトが効き、今度は#5リカートがインサイドから得点をすると1分半も経たないうちに栃木は2度目のタイムアウトを請求する。タイムアウト明けもジェッツの流れは変わらず、#2富樫が#27石井からのパスを3Pで決めると、相手はまたしてもターンオーバーをする。残り時間少ない中、ジェッツは#2富樫にボールを持たせ、最後のオフェンスを仕掛けるとマークマンの隙を突き、#2富樫がレイアップでシュートを決め38対29と9点のリードを持ち前半を終了する。

レポート

第3ピリオド、ジェッツは好調だった#2富樫を#11西村に代えてスタート起用する。ジェッツは栃木、#32ロシターに開始直後のターンオーバーから得点を許してしまう嫌な展開。ジェッツはオフェンスを上手く組み立てられず得点の機会を得られないが栃木もオフェンスファールを犯すなど精彩を欠く。ジェッツは#5リカートのピックアンドロールからの得点や#12岡田もシュートを決めるが、栃木は#32ロシターが得点源となり4点差まで追い上げてくると栃木#13渡邉の3Pが決まり2点差となったところでジェッツはタイムアウトを請求する。タイムアウト明け、ジェッツ#27石井に代え#11西村、#5リカートに代えて#13チャップマンを投入する。ジェッツは#2富樫が3Pを決め試合を進めると、スティールから#13チャップマンがバスケットボールカウントプレーを決め、8点差まで広げることに成功する。それでも栃木は高さを生かしたオフェンスリバウンドからセカンドチャンスをものにして得点をしていくと、ジェッツも#11西村がディフェンスを見ながら巧みにファールをもらいフリースローを決めていく。ジェッツはリードを何とか保ちながら54対48と6点のリードを持って最終ピリオドを迎える。

レポート

第4ピリオド、ジェッツは栃木#32ロシターに開始直後にダンクを決められてしまう。波に乗れないジェッツはターンオーバーからファーストブレイクを止めにかかった#11西村がアンスポーツマンライクファールを吹かれてしまう。流れを掴みきれないジェッツは栃木#13渡邉の3Pで同点とされると、#24ブレントンにもシュートを決められたたみ掛けられる。ジェッツも#18ジョーンズのフリースローから#13チャップマンがオフェンスリバウンドを奪うと、最後は自らシュートを決め、追いすがっていく。そこから試合はシーソーゲームの展開となりジェッツはボールに喰らいついていくが、上手く得点に結び付けられない。ジェッツはオフィシャルタイムアウト明け、栃木はディフェンスを締めてくるとジェッツのオフェンスは1on1に偏り得点を奪えない。対する栃木は#32ロシターがディフェンスの前が空いていると積極的にシュートを打ち栃木の主導で試合は進んでいく。ジェッツも#18ジョーンズがドライブからシュートを決め、喰らいつくが、残り時間が少ない中、タイムアウト明けのプレーを上手く遂行できないと最後はファールゲームを仕掛けギャンブルに出るが実を結ばず64対71で悔しい敗戦となった。

ハンバークコルム
15:00
開    場: 11:10
先行入場: 11:00

千葉ポートアリーナ
2015年12月23日
VS [リンク栃木ブレックス] 両"勇"並び立たず
MORE