MENU

CHIBA JETS FUNABASHI

MENU

ARCHIVES

HOME>ニュース>GAME RESULTS>2015-2016シーズン>2016/1/31(日)アイシンシーホース三河戦

2016/1/31(日)アイシンシーホース三河戦

2016/1/31(日)アイシンシーホース三河戦

試合終了
86 70
22 1Q 16
31 2Q 17
13 3Q 19
20 4Q 18
アイシンシーホース三河 PTS AST RBD PF
橋本 竜馬  2   0   4   1  
柏木 真介  -   -   -   -  
アイザック・バッツ  8   0   11   3  
比江島 慎  14   2   4   4  
11  船生 誠也  0   0   1   0  
14  金丸 晃輔  29   2   5   1  
15  白濱 僚祐  -   -   -   -  
21  ギャビン・エドワーズ  8   1   5   4  
22  長谷川 智也  15   1   2   2  
24  加藤 寿一  0   0   0   1  
32  桜木 ジェイアール  2   4   8   2  
34  高橋 マイケル  8   0   3   0  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
阿部 友和  1   0   0   3  
富樫 勇樹  4   3   1   1  
星野 拓海  0   0   0   0  
リック・リカート  15   4   17   1  
宮永 雄太  5   1   3   0  
11  西村 文男  2   1   3   0  
12  岡田 優介  0   0   0   1  
13  クリント・チャップマン  12   1   3   4  
18  デクアン・ジョーンズ  2   0   1   1  
22  上江田 勇樹  3   0   0   4  
27  石井 講祐  4   2   0   0  
34  小野 龍猛  22   1   3   0  

レポート

アイシンシーホース三河との3連戦第3戦、1勝1敗としているジェッツはこのシリーズで好調な#13チャップマン、ドライブからの得点を生みだしている#1阿部をスタートに起用し、#11西村、#27石井、#34小野らと共に3戦目に挑む。ジェッツは開始早々#34小野がレイアップショットを決める立ち上がりであったが、アイシン三河#14金丸がポストプレーを多用しバスケットにアタックしていくとアイシン三河#6比江島も同じようにポストプレーからジェッツディフェンスを崩し得点を奪われてしまう。ジェッツもフリーでシュートを打つタイミングが多々見られるが決めきれない。ジェッツは攻撃の要となっているアイシン三河#14金丸を止めるべく、#22上江田を投入するが、#22上江田のマークを上回るオフェンスで得点を量産される。ジェッツは#1阿部が個人ファールを3つとしてしまい状況が悪くなり10点差を付けられるとジェッツはタイムアウトを請求する。タイムアウト明けもアイシン三河#14金丸のオフェンスが止まらず得点されると#21エドワーズにもインサイドから得点を許してしまう。ジェッツは#13チャップマンのダンクや#5リカートのインサイドから#34小野がフィニッシュし20対16と4点差まで縮めこのピリオドを終了する。

レポート

第2ピリオド、ジェッツはアイシン三河#14金丸にジャンプショットを決められるとポストプレーから、戻りに時間がかかりフリーにしてしまっていた#34高橋に3Pを決められてしまう。ジェッツも#22上江田が3Pを決め返すが、またしてもアイシン三河#14金丸にピックからシュートを決められる。ジェッツは#5リカートがインサイドで体を張りシュートをねじ込むなどバスケットボールカウントプレーを奪う働きをするが、#5リカートの得点は続かずインサイドでの激しい当たりに決めきることが出来ない。ジェッツはミドルレンジでのシュートが多くなりリズムを掴むことができない。ジェッツはアイシン三河#14金丸の勢いを止められず交代を駆使して試行錯誤をしていくが、アイシン三河#14金丸の勢いは止まらず連続得点を許してしまう。ジェッツは中盤に入ると#13チャップマンが強引に1on1からジャンプショットを決める。その勢いに#34小野もファーストブレイクからバスケットボールカウントプレーを決め、この試合初めて流れを掴んだかに思われたが、その後が続かず#13チャップマンが個人ファール3つ目となるコールを吹かれるとまたしても流れはアイシン三河に傾き#21エドワーズ、#6比江島に得点を奪われてしまう。ジェッツは最後のオフェンスで#2富樫がピックから相手をかいくぐり得点を決めるのが精一杯で53対33と20の大量リードを許し前半を終了する。

レポート

第3ピリオド、ジェッツは#2富樫、#5リカート、#7宮永、#22上江田、#34小野とラインナップを刷新してスタートする。ジェッツはこのピリオドもアイシン三河#14金丸にシュートを決められる展開。しかしジェッツも#5リカートのインサイドから#34小野が3Pを射抜く。ジェッツはオフェンスを踏ん張り、開始のアイシン三河#14金丸の得点からディフェンスを締めて試合を運ぶが、アイシン三河#6比江島にシュートを決められると直後のオフェンスでアイシン三河#6比江島にスティールを奪われそのままダンクを決められてしまう。ジェッツはタイムアウトを請求する。タイムアウト明け、ジェッツは#34小野が#5リカートのインサイドからのパスを3Pで決め返すと#5リカートも自ら得点を重ねる。流れを引き寄せるジェッツは#2富樫がピックゲームからリズムを掴みオフェンスの中心となると連続得点を決めていく。ジェッツ#7宮永がボールをプッシュし、ファールをもらいフリースローを得、23点差あったビハインドを14点まで縮めたところでアイシン三河がタイムアウトを請求する。ジェッツはタイムアウト明けも#5リカートが#2富樫のドライブをフォローするなど連続得点を奪い一桁まで一気に差を縮める。しかしアイシン三河もオフェンスをインサイド中心に切り替え確実にシュートを決めると、#22長谷川の3Pも決まり突き離しにかかる。ジェッツは#7宮永がジャンプショットを決めるが得点差を二桁に戻され66対52と14点差を追って最終ピリオドへと突入する。

レポート

第4ピリオド、ジェッツはこのピリオドもアイシン三河に先制されると#22長谷川にも1on1からレイアップショットを決められてしまう。ジェッツも#34小野がベースラインドライブから得点を奪い返し、応戦していく。アイシン三河は得点差もあることから思いっきりの良いプレーが多く#22長谷川が得点を加算していく。ジェッツは#27石井、#11西村をコートに戻しセットプレーを多用していくと#5リカートがオフェンスリバウンドからフリースローで得点を奪うと、スティールからファーストブレイクに繋げ#13チャップマンがダンクを決めるなど連続得点を奪うシチュエーションも生まれる。このまま点差を縮めていきたいジェッツであったがアイシン三河#22長谷川を中心とするオフェンスに得点を奪われ点差を最大27点差まで広げられてしまう。このままでは終われないジェッツは#27石井の3Pなどで最後の力を振り絞るが得点差を覆すことは出来ず86対70でこの3連戦を1勝2敗という成績で終わらせた。

15:00
開    場: 12:00
先行入場: 11:55

刈谷市体育館
2016年01月31日
VS [アイシンシーホース三河]
MORE