MENU

CHIBA JETS FUNABASHI

MENU

ARCHIVES

HOME>ニュース>GAME RESULTS>2015-2016シーズン>2016/4/2(土) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋戦

2016/4/2(土) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋戦

 

2016/4/2(土) 三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋戦

試合終了
91 79
14 1Q 15
18 2Q 17
33 3Q 21
26 4Q 26
三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋 PTS AST RBD PF
石崎 巧  7   0   2   2  
渡邉 大我  -   -   -   -  
五十嵐 圭  27   1   2   0  
川村 卓也  9   1   1   1  
11  鵜澤 潤  11   2   2   2  
14  エイドリアン・フォーブス  3   0   3   2  
18  中東 泰斗  2   1   4   0  
21  笹山 貴哉  -   -   -   -  
22  アマット・ウンバイ  174   1   5   2  
24  ジャスティン・バーレル  11   2   10   4  
29  長谷川 智伸  2   1   4   0  
34  伊藤 俊亮  0   0   0   1  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
阿部 友和  0   1   2   1  
富樫 勇樹  17   3   1   4  
星野 拓海  -   -   -   -  
リック・リカート  10   1   8   2  
11  西村 文男  9   1   2   2  
12  岡田 優介  10   0   0   2  
13  クリント・チャップマン  19   1   12   3  
18  デクアン・ジョーンズ  4   1   6   4  
22  上江田 勇樹  0   2   0   0  
27  石井 講祐  3   0   2   1  
31  原 修太  -   -   -   -  
34  小野 龍猛  7   0   3   2  

レポート

直下の順位にいる三菱電機名古屋に勝ち、プレイオフ出場を引き寄せたいジェッツは#5リカート、#11西村、#22上江田、#27石井、#34小野のラインナップでスタートする。ジェッツは開始早々、三菱電機名古屋#9川村に3Pを決められる展開からスタートすると三菱電機名古屋#24バレル、#7五十嵐と連続得点を許してしまう展開。ジェッツは#34小野が3Pを積極的に狙っていくが決めきれないと、オフェンスをシフトし、インサイドで攻めるようにする。ジェッツ#34小野はファールをもらいフリースローを獲得するがこのフリースローを2本とも外してしまい精彩を欠いてしまう。三菱電機名古屋はこれ以降も#11鵜澤がシュートを決めていくなどしてくる。ジェッツも#5リカートのインサイドから初得点が生まれるとオフェンスリバウンドからフォローして得点を拾い上げていく。ジェッツは#27石井の3Pで追い上げを見せると、ここまで献身的にプレーしてきた#5リカートを休ませるべく、#13チャップマンを投入する。ジェッツ#13チャップマンはこの流れを切らさずドライブから得点を挙げるとインサイドでもしっかりと得点を決め逆転に成功して第1ピリオドを終了させる。

レポート

 
第2ピリオド、ジェッツは三菱電機名古屋が開始からゾーンを仕掛けてくると上手く攻め込むことが出来ずシュートを決められない。対する三菱電機名古屋は積極的にバスケットにアタックをして得点を決めてくる。ジェッツは#34小野が外角のシュートを決められないとジェッツは#11西村と共に#12岡田を投入する。ジェッツはシュートチャンスがあるが決められないと三菱電機名古屋はディフェンスリバウンドを締めセカンドチャンスを与えない。ジェッツは三菱のペースを奪うことが出来ず#14フォーブスにファールをしたところでオフィシャルタイムアウトに突入する。オフィシャルタイムアウト明け、ジェッツは不運な得点もあり得点差を広げられてしまう。ジェッツは#13チャップマンがジャンプショットを決めるが相手のダブルチームディフェンスにターンオーバーを犯してしまうなど連続得点は奪えない。逆に三菱電機名古屋#22ウンバイにカッティングからシュートを決められた直後に三菱電機名古屋#0石崎にスティールからの得点を許してしまうとタイムアウトを請求する。ジェッツは#2富樫が相手のゾーンディフェンスに対してギャップから3Pを決めると、#12岡田も3Pを沈め4点差まで引き戻したところで三菱電機名古屋がタイムアウトを請求してくる。ジェッツは三菱電機名古屋#22ウンバイにピックを使われてからシュートを決められてしまうが、ジェッツ#12岡田が2本目の3Pを沈め3点差にする。ジェッツは残り時間が少ない中、#2富樫にボールを託すと#2富樫はピックからフリーになり3Pを沈め同点にする。残り時間2秒で三菱はタイムアウトを請求し、リスタートするが、ジェッツはここをしっかりと守り同点に追いつき前半を終了させる。

レポート

第3ピリオド、三菱電機名古屋#24バレルがジェッツ#5リカートの腕にひっかけフリースローをもらう展開から始まると、またしても直後にプレスからスティールを奪われ失点を許してしまう。流れの悪いジェッツはセカンドチャンスを与えてしまうなど相手にリズムを与えてしまう展開。しかし、残り時間6分半になる直前にジェッツ#5リカートがインサイドでアタックすると三菱電機名古屋#24バレルがファールを犯す。そのコールに対してボールをぶつけテクニカルファールを宣告されると、三菱電機名古屋ゲーリーHCが抗議をし、テクニカルファールを宣告される。このチャンスで得たフリースローをしっかりと決めて得差を2まで縮めたいジェッツだがフリースローの確率が悪く思うように試合を運べない。ジェッツはチャンスを掴めないとローテーションのズレから三菱#11鵜澤に3Pを決められてしまう。それでも、ジェッツ#5リカートがバスケットボールカウントプレーを奪うと、三菱電機名古屋#7五十嵐に3Pを決め返されるもののジェッツ#11西村が3Pを決め返す展開。しかし、今日の流れを象徴するように三菱電機名古屋#9川村に3Pを決め返されジェッツは流れを掴みきれないと、#7五十嵐にピックからまたも3Pを決められてしまう。ジェッツも#34小野がショットクロック残り2秒のベースラインのアウトオブバウンズから3Pを決め、#2富樫もティアドロップショットを決めるなど追い上げを見せようとするがファールが多くなりフリースローを相手に与えるシチュエーションが増えてしまう。3Pが好調な富樫が決めていくが、それよりも流れを掴む三菱電機名古屋#7五十嵐の独壇場と終盤はなり、3Pや残り時間6秒からドライブでシュートを決められるなどこのピリオドだけで三菱電機名古屋に33点の得点を奪われ65対53と12点のビハインドで最終ピリオドを迎える。

レポート

第4ピリオド、ジェッツは#2富樫がピックから3Pを決めスタートするが、三菱電機名古屋#7五十嵐がドライブから得点を決めるとリズムに乗る#7五十嵐に自ら持ち込まれそのまま3Pを決められてしまう。ジェッツも#11西村のカッティングからの得点や#12岡田がフリースローを沈めるなど追い上げを見せ得点差を一桁にすると、流れはそのままジェッツに傾きミスマッチから#2富樫が狙い#13チャップマンに合わせるなどじわじわと5点、4点と差を縮めていく。オフィシャルタイムアウトに突入する直前、ジェッツは得点を決めたかったが逆にインサイドからボールを振られると三菱電機名古屋#0石崎に3Pを決められ7点差まで戻され、オフィシャルタイムアウトに突入する。オフィシャルタイムアウト明け、ジェッツは#11西村が3Pを決め返すと、#18ジョーンズも強引にバスケットを決め得点差を縮めることに成功する。このままひっくり返したいジェッツであるが、三菱電機名古屋は#22ウンバイにボールを持たせ攻め込ませると、ジェッツはファールで止めるしかなく相手にフリースローを与えてしまい、そこから徐々に得点差をまた広げられてしまう。逆にジェッツは得点を奪えず試合をコントロール出来ずファールゲームを仕掛けるが、それでもジェッツはチャンスを掴めず連勝を伸ばすことは出来なかった。
 
14:00

名古屋市東スポーツセンター
2016年04月02日
VS [三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋]
MORE