MENU

CHIBA JETS FUNABASHI

MENU

ARCHIVES

HOME>ニュース>GAME RESULTS>2015-2016シーズン>2016/4/16(土) トヨタ自動車アルバルク東京戦

2016/4/16(土) トヨタ自動車アルバルク東京戦

 

2016/4/16(土) トヨタ自動車アルバルク東京戦

試合終了
88 81
21 1Q 12
24 2Q 22
25 3Q 18
18 4Q 29
トヨタ自動車アルバルク東京 PTS AST RBD PF
リチャード・ソロモン  8   0   8   4  
マイケル・パーカー  4   2   4   3  
ジェフ・ギブス  21   5   8   3  
正中 岳城  -   -   -   -  
二ノ宮 康平  5   1   0   1  
10  ザック・バランスキー  2   2   3   4  
11  宇都 直輝  2   2   2   1  
13  菊池 祥平  2   1   2   0  
16  松井 啓十郎  15   3   1   0  
24  田中 大貴  19   1   3   1  
35  伊藤 大司  7   2   1   4  
88  張本 天傑  3   1   1   1  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
阿部 友和  0   1   2   2  
富樫 勇樹  5   3   2   2  
星野 拓海  0   0   0   1  
リック・リカート  8   2   7   2  
11  西村 文男  0   2   1   0  
12  岡田 優介  16   0   2   2  
13  クリント・チャップマン  23   1   13   5  
18  デクアン・ジョーンズ  15   0   7   3  
31  原 修太  0   0   0   2  
34  小野 龍猛  14   5   4   3  

レポート

プレイオフ進出を決定してから初の試合となるトヨタ自動車アルバルク東京との一戦。プレイオフで当たる可能性もあるトヨタ東京に勝利をしたいジェッツは#1阿部、#5リカート、#11西村、#12岡田、#34小野のラインナップでスタートすると、スティールからファーストブレイクに持ち込む走り出しとなる。ファールをもらったジェッツ#5リカートはフリースローを2本決めることは出来ないが先制に成功する。しかし、トヨタも#4ギブスのジャンプショットが決まると#3パーカーが#4ギブスのインサイドプレーに合わせ得点、#35伊藤の3Pと連続得点をしてくる。ジェッツも得点を奪い返したいが確率の悪いシュートが続いてしまい、思うように試合を運べない。ジェッツは#1阿部に代えて#31原、#5リカートに代えて#13チャップマン、#11西村に代えて#2富樫と試合展開を見てメンバーを代え調整をしていくがリズムを掴むまではいかない。ジェッツはスタートの出だしの良さを奪い返せず、最終的には21対12と9点のビハインドを背負ってこのピリオドを終了することとなる。

レポート

第2ピリオド、ジェッツは#13チャップマンのドライブに#18ジョーンズがオフェンスリバウンドに飛び込み得点をするが、すぐにトヨタ東京に走られ、#0ソロモンにバスケットボールカウントプレーを奪われてしまう。しかし、ジェッツも#13チャップマンが#1阿部のパスから得点を返してくる。しかし、ジェッツはこの後が続かず、トヨタ東京が確率良くシュートを決めていくのに対して、プレスからのターンオーバーやオフェンスチャージングファールを取られるなど流れに乗ることが出来ない。ジェッツはトヨタ東京#88張本に3Pを決められるが、ジェッツ#12岡田が3Pを決め返しオフィシャルタイムアウトに突入する。オフィシャルタイムアウト明け、ジェッツはゾーンディフェンスを仕掛けるとトヨタ東京は攻め込むことが出来ずオフェンスを封じ込める。対するジェッツは#12岡田が3Pを決め、トヨタ東京にタイムアウトを取らせる。流れを切りたいトヨタであるが、ジェッツは流れを掴み、#13チャップマンのインサイド、#12岡田の三度の3P、そして#18ジョーンズのミスマッチからのポストムーヴと連続得点で再びトヨタ東京にタイムアウトを請求させる。ジェッツはこのまま流れを掴み続けたいが、さすがにトヨタ東京もそうはさせてくれず、トヨタ東京も得点を奪い始める。ジェッツ#18ジョーンズとの小競り合いの中でトヨタ東京#3パーカーがテクニカルファールを取られるシチュエーションもあり、もう一度、ジェッツに流れが来るかに思われたが、ターンオーバーから最後はトヨタ東京#24田中に3Pを決められ45対34と得点差を二桁まで戻され前半を終了する。

レポート

第3ピリオド、ジェッツはミスコミュニケーションから簡単にトヨタ東京#24田中にシュートを決められてしまう。すると直後のオフェンスでジェッツ#5リカートがオフェンスファールを取られてしまう。ジェッツ#5リカートはインサイド勝負を再び仕掛けるが、外れたボールのリバウンド争いでまたしてもファールを吹かれてしまい。優位に立つことが出来ない。ジェッツは#34小野のシュートなどで得点を返すが、トヨタ東京#4ギブスにダックインから得点を奪われるとターンオーバーからも得点を許してしまい、流れを切るべくタイムアウトを請求する。タイムアウト明け、ジェッツは #34小野のポストムーヴからの得点や、#5リカートが#1阿部とのピックアンドロールプレイでダンクを決めるなどピックプレーからオフェンスのバリエーションが増え、効率よく得点をするシチュエーションが見える。ここで得点差を縮めたいが、トヨタ#0ソロモンのインサイドプレーや、ジェッツ側のアドバンテージから得点を奪い返されてしまう。ジェッツは#13チャップマンの3Pなどで52対68とするが、トヨタの最後のオフェンスで弾かれたシュートを最後まで追いかけられないと#16松井にブザーと共に決められてしまい、後味の悪いままこのピリオドを終了する。
 

レポート

第4ピリオド、ジェッツは滑り出しが悪く、最初の得点は2分を過ぎたころの#13チャップマンのシュートとなる。しかしそこからジェッツは#12岡田がスクリーンを利用してフリーとなり3Pを沈めると、#2富樫のこぼれ球を#13チャップマンが押し込み連続得点で点差を縮めるとトヨタ東京は先にタイムアウトを請求してくる。ジェッツは#18ジョーンズがポストムーヴから得点するが、トヨタ東京#16松井に3Pを決め返されてしまう。ジェッツはオフェンスリバウンドから得点を取られてしまうなど、ゾーンディフェンスの弱点を露呈してしまうが、オフェンス面で#13チャップマンがピックアンドロールから、#12岡田が3Pと得点を決めていく。残り時間が少ない中、ジェッツ#18ジョーンズがマッチアップの優位性から積極的に攻め込むと、#2富樫もフローターショットを決めるなど最後まであきらめる姿勢を見せず、ファールゲームも仕掛けるがトヨタ東京を崩すことが出来ず敗戦となった。

15:00

国立代々木競技場第二体育館
2016年04月16日
VS [トヨタ自動車アルバルク東京] いざプレーオフへ!
MORE