メニューを開く
閉じる
メニューを開く
閉じる
B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第32節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

秋田

アウェイチームロゴ

2020.4.1 WED. 19:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

渋谷

アウェイチームロゴ

2020.4.4 SAT. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

渋谷

アウェイチームロゴ

2020.4.5 SUN. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

東京

アウェイチームロゴ

2020.4.18 SAT. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

東京

アウェイチームロゴ

2020.4.19 SUN. 15:05-
船橋アリーナ

PICK UP PLAYER

この選手に注目しよう

4/1
4/4,5
4/18,19
CHIBA
JETS
AKITA NORTHERN
HAPPINETS
CHIBA JETS
#31 原 修太

今季二度目となる秋田を迎えてのホーム戦。千葉の注目選手としては、シーズン中盤からスターターの座を掴み取り、攻守ともに躍動が目立ってきている#31 原修太を挙げてみたいと思う。秋田は非常にアグレッシブなバスケットを展開してくるチームなため、激しいボディコンタクトにも当たり負けしない#31原のフィジカルの強さは、試合を左右するひとつのポイントになるだろう。また、1月15日に千葉ポートアリーナで開催された第17節の秋田戦では、75%と高確率で沈めた3本の3Pを含む計17得点で、チームハイのスコアを記録する躍動をみせただけあって、今回の秋田との再戦における躍動にも大いに期待したいところだ。地元出身の若手のホープであり、コートを離れれば人懐っこい笑顔と飾らないキャラクターでブースターにも愛される#31原修太。その陰で、人一倍の努力を重ねてチームの中心を担う存在として成長を続ける彼の力強いプレーを、ぜひ会場でご覧いただきたい。

AKITA NORTHERN HAPPINETS
#24 保岡 龍斗

対する秋田の注目選手としては、#24保岡龍斗を挙げてみたい。ポジションはSG/SF、188cm87kgと千葉の#31原と近いタイプの選手で、年齢は原より2つ若いが、今季第20節までの平均スタッツで見ても9.4得点と、秋田在籍の日本人選手では#6細谷とならびトップの数字を残す活躍をみせている中心選手だ。また、前回千葉ポートアリーナで開催された第17節の対戦時にも2桁の10得点をマークし、ここぞのハッスルプレーで千葉を苦しめた選手なだけに、彼がコートに出た際に警戒が必要なのは明白だろう。千葉の注目選手として挙げた#31原とはポジションから考えてもマッチアップの可能性が十分に考えられるだけに、ともにアグレッシブなバスケットを持ち味とする両者の戦いは、非常に見応えのあるものになるはずだ。絶対に負けられない同地区のライバルとの対戦。千葉と秋田の若武者同士が散らす熱い火花からも、目が離せない展開になりそうだ。

CHIBA
JETS
SUNROCKERS
SHIBUYA
CHIBA JETS
#15 藤永 佳昭

今季開幕戦で連敗を喫した相手であり、令和初の天皇杯王者となったサンロッカーズ渋谷。40分間フルコートで展開されるハードなディフェンスが持ち味の強敵との戦いでは、千葉の#15藤永佳昭を注目選手として挙げてみたい。シーズン中盤から徐々にプレータイムを伸ばし始めている#15藤永は、派手なスキルや図抜けた得点能力が持ち味ではないが、スタッツには残らないエナジー溢れるプレーでチームを鼓舞し、千葉のアグレッシブなディフェンスを象徴する選手だ。事実、開幕連敗の雪辱を果たした第20節の渋谷戦では、攻守にわたって躍動し、PGとしてのゲームコントロールの役目をしっかりと果たした。試合後のインタビューでは対戦相手の伊佐HCから「藤永君のつなぎが一番つらかった。いい仕事をされました」と言わしめたほどだ。今回の渋谷戦でも、彼のディフェンスからチームに勢いを与えるプレースタイルが、勝機を呼び込むシーンがみられるかもしれない。彼のディフェンスに心を打たれた際には、ぜひ「藤永コール」で会場を包み込んでほしい。

SUNROCKERS SHIBUYA
#9 ベンドラメ 礼生

対する渋谷は、千葉の注目選手である#15藤永と同じ東海大学出身の後輩でもある#9ベンドラメ礼生に注目してみたい。#9ベンドラメは、代表候補にもよく名を連ねるほど能力の高い選手で、今季も第20節までで平均10.7得点、2.0リバウンド、5.0アシストと上々の数字を残している。自らも積極的にゴールを狙える実力がありながら、B1ランキング6位(第20節終了時)のアシストセンスも持ち合わせており、渋谷の屈強なインサイド陣とのタッグは千葉にとって大きな脅威である。また、一方で渋谷が誇るタフなディフェンスの象徴ともいえる選手でもあり、第20節終了時点での平均スティール1.9本と、B1リーグでトップの数字を残している。渋谷はターンオーバーからの得点が非常に多いチームであるため、#9ベンドラメの強度の高いプレッシャーを前に、いかにボールをロストせずターンオーバーの本数を減らせるかが勝利への欠かせない要素だ。東海大学の先輩、そして同地区のライバルとしてのプライドを懸け、#15藤永が渋谷#9ベンドラメにどう対抗するのか、ひとつの見所となるだろう。

CHIBA
JETS
ALVARK
TOKYO
CHIBA JETS
#11 西村 文男

レギュラーシーズン最終戦となるこのA東京戦では、ともに東海大学出身である#11西村文男、A東京#24田中大貴にそれぞれ注目してみたい。#11西村は冷静沈着なPGとして、また今季の新キャプテンとしてチームをけん引してきた。今季は度重なる負傷によりプレータイムを大きく制限されてしまったが、ひとたびコートに立てば豊富な経験と高いバスケIQでゲームを支配。どこにストロングポイントがあるかを見極め、「勝つ為の采配」でチームを導くことの出来る選手だ。また、ドライブからのフィニッシュや勝負どころでの3Pなど自ら得点する能力にも長けており、絶対的エースの#2富樫や、今季目覚ましい成長を遂げている#15藤永に加えて、バスケを熟知した#11西村の安定感が加わった千葉のPG陣は、B1リーグ内でも屈指の層の厚さと言って過言ではないだろう。新キャプテンとして、またチームの司令塔として、レギュラーシーズンの最終節を#11西村がどうまとめ上げていくか。2年連続リーグ王者として君臨する強敵A東京との戦いは、そんな千葉のバスケの集大成をぶつけるような、熱い2日間となるだろう。

ALVARK TOKYO
#24 田中 大貴

強敵A東京の注目選手は、名門東海大学出身で、千葉#11西村の後輩にあたる#24田中大貴を挙げようと思う。日本代表チームの常連、間違いなくA東京の中心を担う一人であり、第20節時点で平均10.6得点、3P成功率38.5%と高水準のスタッツを記録。また、それ以外にも平均4.8アシスト・1.4スティールと、ともにB1リーグでトップ10に入る数字を残しており、まさに攻守両面での躍動が光る選手だ。過去の対千葉戦では欠場することも多かった#24田中だが、2018-19のBリーグファイナルでは、16得点4アシストの躍動で千葉のリーグ初優勝の前に立ちはだかった相手でもある。勝負どころで彼が沈めた3本の3Pやバスケットカウントは、今でも悔しい記憶とともに脳裏に刻まれているブースターも多いのではないだろうか。レギュラーシーズン最終節となる今回の戦いでも、彼をいかに快適にプレーさせないかが明暗を分ける重要なポイントとなるだろう。「アグレッシブなディフェンスから走る」千葉のバスケットを全員で徹底し、頂点を目指す上で避けては通れぬこの強敵に勝つ為にも、ホームの力をぜひ選手達に貸してほしい。

EVENT

イベント情報

COMING SOON
イベント情報は決定次第お知らせします。

COMING SOON
イベント情報は決定次第お知らせします。

COMING SOON
イベント情報は決定次第お知らせします。

GOODS

おすすめグッズ

最新おすすめグッズをご紹介!
応援グッズに身を包んで、
ぜひ一緒に戦ってください!

ジャンボくんぬいぐるみ

¥3,000(税込)

全員集合イラストフェイスタオル

¥2,700(税込)

ナンバーTシャツ(番号付き)

¥2,300(税込)

FOOD

おすすめフード

最新おすすめフードをご紹介!
充実したフードコーナーで試合前の腹ごしらえをどうぞ!
観戦しながらの飲食もOK!

富樫選手公認の
「3point弁当」

¥1,500(税込)

よしあきの“恋する”
わらび餅ドリンク

¥600(税込)

ピザジェッツ
(トマト&クリームチーズ)

¥400(税込)

SPECIAL MOVIE

スペシャル動画

TICKET INFO

チケット情報

座席図・価格表

FUNABASHI ARENA

チケットを買う
  • B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第32節

    千葉

    VS

    秋田

    2020.4.1 WED. 19:05-
    船橋アリーナ

  • B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

    千葉

    VS

    渋谷

    2020.4.4 SAT. 15:05-
    船橋アリーナ

  • B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

    千葉

    VS

    渋谷

    2020.4.5 SUN. 15:05-
    船橋アリーナ

  • B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

    千葉

    VS

    東京

    2020.4.18 SAT. 15:05-
    船橋アリーナ

  • B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

    千葉

    VS

    東京

    2020.4.19 SUN. 15:05-
    船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第32節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

秋田

アウェイチームロゴ

2020.4.1 WED. 19:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

渋谷

アウェイチームロゴ

2020.4.4 SAT. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

渋谷

アウェイチームロゴ

2020.4.5 SUN. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

東京

アウェイチームロゴ

2020.4.18 SAT. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

東京

アウェイチームロゴ

2020.4.19 SUN. 15:05-
船橋アリーナ

応援してくださる皆さんのおかげで、Bリーグ3年連続観客動員数No.1を記録(総動員数155,895名、一試合平均5,204名)!満員で熱気溢れるホームアリーナの雰囲気を、ぜひ一度会場で体験してください!試合だけでなく毎試合ド派手な演出でも会場を盛り上げていきますが、試合会場の最高のスパイスは何と言っても皆さんの熱い声援です!ライバルを圧倒する声の後押しで、今季も選手たちとともに戦ってください!

プロバスケットボールの世界最高峰であるNBA。そのNBAで日本人史上2人目となる選手契約を実現した富樫勇樹選手。バスケットボール選手初の1億円プレイヤーとなり、ますますの期待がかかる今シーズン。167cmと小柄ながらもそのスピードとドリブルテクニック、卓越した得点能力でエースポイントガードとしてチームを勝利へ導く絶対的指令塔です。昨シーズンも、試合を左右する「この一本」というクラッチシュートを決める場面も多く、今季も会場を沸かせるプレーにぜひご期待ください!

千葉ジェッツふなばしのホームアリーナのテーマは“非日常空間”。試合だけでなく演出面も含めて皆さまに「また来たい!!」と思ってもらえるだけの想い出を持ち帰って頂くために最高のスポーツエンターテイメントをお届けします!吹き上がる炎、闇を切り裂くライト、高揚感を最大限に高めてくれるド派手なプロジェクションマッピングとミュージック…。高鳴る鼓動と興奮、感動をぜひ千葉ジェッツふなばしのホームゲームで体感してください!

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第32節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

秋田

アウェイチームロゴ

2020.4.1 WED. 19:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

渋谷

アウェイチームロゴ

2020.4.4 SAT. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

渋谷

アウェイチームロゴ

2020.4.5 SUN. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

東京

アウェイチームロゴ

2020.4.18 SAT. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

東京

アウェイチームロゴ

2020.4.19 SUN. 15:05-
船橋アリーナ

PLAYERS

#1 ジョシュ・ダンカン

昨季から加入し、チームの勝利に大きく貢献した外国籍選手。インサイドでのパワフルなプレーはもちろん、昨シーズンは42.5%とガード顔負けの数字をのこした3Pシュートも武器としており、ここぞの場面で窮地を救う躍動に今季も大きな期待が寄せられる。

#2 富樫 勇樹

千葉ジェッツの超攻撃型司令塔。167cmと小柄ながら、昨季は外国籍ビッグマンに引けを取らない平均14得点をマーク。また、3P成功数はチーム断トツの141本を誇り、37.7%と高確率の長距離砲でチームを幾度となく勝利へ導いた。今季も会場を沸かせるプレーに要注目だ。

#3 マイケル・パーカー

昨季は平均15.8得点、9リバウンドといずれもチームトップの数字を残し、最年長ながらも勝利の陰にパーカー在りと言わせんばかりの躍動をみせるベテラン選手。特に2PTでの得点の確率は68.2%と全選手トップの決定率を誇り、今季もあらゆるシーンで彼の躍動から目が離せないだろう。

#4 コー・フリッピン

今季から新加入した、日本国籍を持つ大卒の新人選手。190cmと決して大きい方ではないが、抜群の跳躍力で楽々とダンクを決める様は試合前のアップでも会場を沸かせる。ドエイン大学時代は平均13.8得点、5.1リバウンド、3.2アシストと上々の数字を残すなど、今後の躍動に大きな期待の集まる選手だ。

#5 田口 成浩

昨季決意を胸に秋田から移籍してきた生粋の3Pシューター。クイックリリースから放たれる3Pが持ち味で、昨季はシーズン中に44.5%、CSでは58.3%という驚異的な成功率でチームを勢いづけた。自らを「お祭り漢」と称するだけあり、大舞台になるほど発揮される勝負強さは今季も千葉の心強い武器となるだろう。

#7 晴山 ケビン

昨季は京都で60試合すべてに先発出場し、今季満を持して千葉へ移籍してきた晴山ケビン。高校からバスケを始め、わずか4か月でインターハイのコートに立った経験から、漫画スラムダンクの主人公になぞらえてリアル“桜木花道”の異名を持つ。その異名に恥じぬ身体能力とタフなプレーは、必ずやチームを救う力となるはずだ。

#8 大宮 宏正

昨季名古屋から移籍してきた日本人ビッグマン。千葉で7クラブ目となるジャーニーマンでもある。日本人離れした跳躍力を持ち、今季は試合でのダンクシーンに期待が集まるが、本人は「見せよっかやめよっか考え中」とのこと。持ち前の陽気なキャラがチームに与えるプラス要素は計り知れず、コート外での振舞いもぜひ注目いただきたい。

#10 ニックメイヨ

NBAのサマーリーグでマイアミ・ヒートの一員としてプレーした期待の大型新人。206cmのビッグマンながら巧みなハンドリングと40%近い3Pシュート確率を誇るオールラウンダーだ。大学4年生時代には1試合平均23.7得点と高水準のスタッツも残しており、彼がチームにアジャストすれば大きな力になることは間違いない。

#11 西村 文男

今季から新キャプテンに就任した正統派PG。「バスケットIQは高い方だと思う」と自らも話す通り、戦局を見極めた冷静かつクレバーなゲームコントロール力はチーム随一。また、ここぞの得点能力にも長けており、勝敗を決する一投を決めるシーンも少なくない。コートを舞うかのように疾走する彼の姿を、ぜひ会場で観てもらいたい。

#15 藤永 佳昭

昨季名古屋から移籍し、持ち前のディフェンス力で「藤永コール」を巻き起こしてみせたディフェンスの鬼。そのひたむきな姿勢でチームを鼓舞し、観る者すら魅了し、会場の空気を一変させる力を持っている彼のディフェンスは一見の価値ありだ。また、今季は得点面でもチームに貢献したいと燃えているのでぜひ熱い声炎で後押しをして欲しい。

#21 ギャビン・エドワーズ

トランジションで先頭を走れるビッグマンとして、千葉ジェッツの「アグレッシブなディフェンスから走る」バスケットスタイルにもはや欠かせない存在。インサイドだけでなく3Pも得意としており、昨季も41.4%と高い数字を残している。今季もファストブレイクからの力強いダンクが何度観られるか。彼の躍動も要チェックだ。

#31 原 修太

年々着実な成長を続けてきた地元出身選手。外国籍選手とのぶつかり合いでも押し負けない強靭なフィジカルを武器に、スタッツに残らない部分でもチームを支え続けてきたのが原修太だ。今季はプレータイムを伸ばし、さらに幅広い場面での躍動が期待される彼の成長を、ぜひ会場で後押しし、見届けて欲しい。

#34 小野 龍猛

開幕序盤の怪我により、思うような結果が残せなかった昨シーズン。千葉在籍歴が長く、優勝に懸ける想いも強い彼は、悔しさをバネにファイナルの翌日から練習を開始した。リーグ開幕以降、平均2桁得点を記録し、ミスマッチを突くポストプレーとここぞで決める3Pでチームをけん引してきた彼の復調は、今季千葉の躍進の鍵のひとつとなるだろう。

2010年に千葉県初のプロバスケットボールチームとして誕生した千葉ジェッツ。
幾多の困難を乗り越え、名実ともにNo.1に。これからも千葉ジェッツは関わる全ての方と共にハッピーになることを目指し、皆さまと歩んでいきます。

2010年に千葉県初のプロバスケットボールチームとして誕生した千葉ジェッツ。
幾多の困難を乗り越え、名実ともにNo.1に。これからも千葉ジェッツは関わる全ての方と共にハッピーになることを目指し、皆さまと歩んでいきます。
2010年 8月 bjリーグにより承認を得て正式に参入決定
2010年 11月 チーム名を「千葉ジェッツ」に決定
2013年 7月 一般社団法人日本バスケットボールリーグ(NBL)へ正式に移籍
2015年 5月 船橋市とホームタウン協定締結 
2015年 12月千葉市とフレンドリータウン協定締結
2016年 9月 B.LEAGUE開幕
2017年 1月 第92回天皇杯 全日本総合バスケットボール選手権大会初優勝
2017年 7月 チーム名を「千葉ジェッツふなばし」へ変更
2018年 1月 第93回天皇杯 全日本総合バスケットボール選手権大会優勝
2018年 4月 B.LEAGUE 東地区優勝
2019年 1月 第94回天皇杯 全日本総合バスケットボール選手権大会 優勝
2019年 4月 夢のアリーナ計画の発表
2019年 4月 B.LEAGUE 東地区優勝
2019年 5月 BリーグFINAL進出

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第32節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

秋田

アウェイチームロゴ

2020.4.1 WED. 19:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

渋谷

アウェイチームロゴ

2020.4.4 SAT. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第33節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

渋谷

アウェイチームロゴ

2020.4.5 SUN. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

東京

アウェイチームロゴ

2020.4.18 SAT. 15:05-
船橋アリーナ

B.LEAGUE 2019-20 SEASON 第36節

千葉

千葉ジェッツロゴ
VS

東京

アウェイチームロゴ

2020.4.19 SUN. 15:05-
船橋アリーナ

ACCESS

会場アクセス

船橋アリーナ
船橋市習志野台7-5-1

東葉高速鉄道「船橋日大前駅」西口より 徒歩8分
新京成電鉄・東葉高速鉄道「北習志野駅」東口より 徒歩20分

【船橋新京成バス】
新京成電鉄・東葉高速鉄道「北習志野駅」東口【5】乗り場より「船橋アリーナ」行き直通ノンストップバス