MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ABOUT

ABOUT

 

IR情報

株式会社千葉ジェッツふなばし(第8期)決算情報

  1. Bリーグ2年目の売上高・経常利益・入場者数等ほぼすべての経営数値において、目標値を大きく上回り7期連続黒字を達成することが出来ましたことをご報告させて頂きます。私がBリーグのバイスチェアマンとの二刀流における経営リスクの懸念を払拭し今期も成長できましたのもひとえにパートナー、ブースターをはじめホームタウンである船橋市、フレンドリータウンである千葉市、ふなばし・千葉ジェッツ後援会、千葉県バスケットボール協会、船橋市バスケットボール協会、ボランティア、取引業者、地域の皆様、そして、選手、フライトクルー、株主、フロントスタッフなど千葉ジェッツを取り巻く全ての皆様のご支援・ご協力・ご努力のおかげです。改めまして厚く御礼申し上げます。引き続き、健全経営とチーム強化を追及し魅力あるクラブ運営に努めてまいります。

  1. 売上高 1,427,040,411円(前年比 156%)
  2. 前年度売上高 916,116,077円
  3. 経常利益 89,959,758円(前年比 234%)
  4. 前年度経常利益 38,375,106円
  5. 税引前当期利益 89,959,758円(前年比 234%)
  6. 前年度税引前当期利益 38,375,106円

 

 

  第3期 第4期 第5期 第6期 第7期 第8期
売上高 233,878 251,892 378,955 601,772 916,116 1,427,040
経常利益 794 1,711 29,298 32,431 38,375 89,959
税引前当期利益 794 1,711 29,298 11,431 38,375 89,959
  1. (単位:千円)

 

【パートナー】

  1. パートナー売上高 663,368,378円(前年比 164%)
  2. 前年度売上高 405,599,202円
  1. パートナー企業数 314社(前年比 102%)
  2. 前年度企業数 307社
  1.  
  1. <短評>大口のスポンサーが数社加わったこと、チャンピオンシップホーム開催における追加協賛が大きく貢献した。
  1.  

【チケット】

  1. チケット売上高 342,466,629円(前年比 122%)
  2. 前年度売上高 281,111,255円
  1. 平均観客動員数(30試合) 5,196名(前年比 115%)
  2. 年間観客動員数(30試合) 155,895名(前年比 115%)
  3. 前年度平均観客動員数 4,503名
  4. 前年度年間観客動員数 135,097名
  5. チケット単価 2,197円(前年比 106%)
  6. 前年度 単価 2,081円
  1.  
  1. <短評>入場者数の3年連続日本一を達成しただけでなく、2位のレバンガ北海道様を平均で1453名(年間 43,590名)引き離すダントツのナンバーワンとなった。好調の要因は、コアブースターの増加とともにシーズンシートの販売が倍増したこと。また、指定席を増やしたことで単価が上昇しつつも前売りの販売が伸びたことが大きい。ブースタークラブへの加入を促進し、積極的にプッシュ営業を実施したことも貢献した。
  1.  

【MD(グッズ販売等)】

  1. MD売上高 150,744,449円(前年比 244%)
  2. 前年度売上高 61,810,782円
  1.  
  1. <短評>入場者数が大幅に増加したことで試合会場での販売が大幅に伸びたのが大きい。それを手助けしたのが、売り場面積、販売員の拡充となります。内容としては、シーズン通しての選手の応援グッズの拡充、各節ごとのイベントに合わせた新商品の投入も大きく寄与した。また、ネット販売が大幅に伸びアウェー販売も開始したことも数値に影響を与えている。併せて天皇杯の連覇による記念グッズ、チャンピオンシップホームゲームを4試合実施できたことによる販売機会増も大きなインパクトがあった。
  1.  

【アカデミー事業(バスケットボール・チアリーディングスクール等)】

  1. アカデミー事業売上高 42,568,411円(前年比 139%)
  2. 前年度売上高 30,528,023円
  1.  
  1. <短評>バスケスクールを新たに開校したことと、チアスクールの参加人数が伸びたため昨年から拡大した。
  1.  

【ブースタークラブ】

  1. ブースタークラブ売上高 29,627,000円(前年比 174%)
  2. 前年度売上高 17,028,500円
  3. 会員数 2,932名(前年比 160%)
  4.  プラチナ会員(3万円) 250名
  5.  ゴールド会員(1万円) 2,028名
  6.  レッド会員(大人3千円・高校生以下千円) 654名
  7. 前年度 1,833名
  1.  
  1. <短評>チケット確保が難しくなる中、ブースタークラブ会員になることで先行販売で購入できる特典が引き続き好評だったことと、ゴールド会員以上のシーズン途中、終了時のイベント参加を希望するブースターを獲得することができた。また、プラチナ会員を150名から250名に拡充したことも大きい。
  1.  

【イベント】

  1. イベント売上高 6,452,560円(前年比 101%)
  2. 前年度売上高 6,369,800円
  1.  
  1. <短評>前年は地域イベント 57回、バスケットボールクリニック 31回、パートナー企業関連イベント 43回、学校訪問 8回、支援活動 4回、行政関係 4回、メディア関係 100回の合計247回のイベントに参加し、 今期は、地域イベント 48回、バスケットボールクリニック 37回、パートナー企業関連イベント 47回、学校訪問 3回、支援活動 4回、行政関係 4回、メディア関係 82回の合計225回のイベントに参加致しました。(前年対比 110%)
  1.  

【メディア掲載数】

  1. WEB 437件、新聞 292件、雑誌 84件、TV ラジオ 90件、その他 57件 計960件、前年 637件(前年対比 151%)
     

【その他】

  1. その他売上高 191,812,984円(前年比 169%)
  2. 前年度売上高 113,668,515円
  1. <短評>その他売上げのうち賞金がおよそ7500万円、リーグからの配分金がおよそ7000万円 となっている。
  1.