MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ABOUT

ABOUT

 

IR情報

株式会社千葉ジェッツふなばし(第9期)決算情報

  1. Bリーグ3年目の売上高・経常利益・入場者数等ほぼすべての経営数値において、目標値を大きく上回り8期連続黒字を達成することが出来ましたことをご報告させて頂きます。このような数字を達成できましたのもひとえにパートナー、ブースターをはじめホームタウンである船橋市、フレンドリータウンである千葉市、ふなばし・千葉ジェッツ後援会、千葉県バスケットボール協会、船橋市バスケットボール協会、ボランティア、取引業者、地域の皆様、そして、選手、フライトクルー、株主、フロントスタッフなど千葉ジェッツを取り巻く全ての皆様のご支援・ご協力のおかげです。改めまして厚く御礼申し上げます。引き続き、健全経営とチーム強化を追及し魅力あるクラブ運営に努めてまいります。

  1. 売上高 1,761,662,666円(前年比 124%)
  2. 前年度売上高 1,427,040,411円
  3. 経常利益 100,713,245円(前年比 112%)
  4. 前年度経常利益 89,959,758円
  5. 税引前当期利益 100,713,245円(前年比 112%)
  6. 前年度税引前当期利益 89,959,758円

 

 

       
(単位:千円) 第3期 第4期 第5期 第6期 第7期 第8期 第9期
売上高 233,878 251,892 378,955 601,772 916,116 1,427,040 1,761,662
経常利益 794 1,711 29,298 32,431 38,375 89,959 100,713
税引前当期利益 794 1,711 29,298 11,431 38,375 89,959 100,713

【パートナー】

  1. パートナー売上高 776,972,978円(前年比 118%)
  2. 前年度売上高 663,368,378円
  1. パートナー企業数 335社(前年比 107%)
  2. 前年度企業数 314社
  1.  
  1. <短評>大口のスポンサーが数社加わったこと、チャンピオンシップホーム開催における追加協賛が大きく貢献しました。
  1.  

【チケット】

  1. チケット売上高 416,257,514円(前年比 122%)
  2. 前年度売上高 342,466,629円
  1. 平均観客動員数(30試合) 5,204名(前年比 101%)
  2. 年間観客動員数(30試合) 156,125名(前年比 101%)
  3. 前年度平均観客動員数 5,196名
  4. 前年度年間観客動員数 155,895名
  5. チケット単価 2,666円(前年比 121%)
  6. 前年度 単価 2,197円
  1.  
  1. <短評>入場者数の4連続日本一を達成しただけでなく、好調の要因は、コアブースターの増加とともに値上げしたにも関わらずシーズンシート、前売りの販売が大きく伸びたことがチケット単価の大幅な伸びにつながりました。
  1.  

【MD(グッズ販売等)】

  1. MD売上高 170,614,006円(前年比 114%)
  2. 前年度売上高 150,744,449円
  1.  
  1. <短評>グッズ販売が大きく伸びた要因は、ECサイト、アウェーでの積極的な販売を進めたことが寄与しております。また、クレジットカード決済、ポイント交換などの施策により会場販売が伸びたことも大きく貢献しています。最後にスポンサー向けの独自商品など現場での細かな販売努力が実を結んだことが最大の要因だと認識しております。
  1.  

【アカデミー事業(バスケットボール・チアリーディングスクール等)】

  1. アカデミー事業売上高 59,983,165円(前年比 141%)
  2. 前年度売上高 42,568,411円
  1.  
  1. <短評>バスケスクールを新たに開校したことと、チアスクールの参加人数が大幅に伸びたため昨年から大幅に拡大しました。
  1.  

【ブースタークラブ】

  1. ブースタークラブ売上高 55,164,050円(前年比 187%)
  2. 前年度売上高 29,627,000円
  3. 会員数 5,026名(前年比 171%)
  4.  
  5. ダイヤモンド会員(10万円) 30名
  6.  プラチナ会員(5万円) 250名
  7.  ゴールド会員(1万円) 3,305名
  8.  レッド会員(大人3千円・高校生以下千円) 1,441名
  9.  前年度 2,932名
  1.  
  1. <短評>チケット確保が難しくなる中、ブースタークラブ会員になることで先行販売で購入で きる特典が引き続き好評だったことと、ゴールド会員以上のシーズン途中、終了時のイベ ント参加を希望するブースターを獲得することで大幅増を実現できました。
  1.  

【イベント】

  1. イベント売上高 9,385,386円(前年比 146%)
  2. 前年度売上高 6,452,560円
  1.  
  1. <短評>前年は地域イベント 48回、バスケットボールクリニック 37回、パートナー企業関 連イベント 47回、学校訪問 3回、支援活動 4回、行政関係 4回、メディア関係 82回の合計225回のイベントに参加し、今期は、地域イベント 70回、バスケットボールクリニック 27回、パートナー企業関連イベント 73回、支援活動 4回、行政関係 6回、メディア関係 73回の合計253回のイベントに参加致しました。
  1.  

【飲食】

  1. 飲食売上高 61,127,994円
  1.  

【その他】

  1. その他売上高 212,157,573円(前年比 111%)
  2. 前年度売上高 191,812,984円
  1.