MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ARCHIVES

ARCHIVES

HOME > 過去の試合結果 > 3/3(土)信州ブレイブウォリアーズ戦 試合結果
 

3/3(土)信州ブレイブウォリアーズ戦 試合結果

 

3/3(土)信州ブレイブウォリアーズ戦 試合結果

信州に敗戦。最後までもつれた接戦をものに出来ず。
 
試合終了
79 88
19 1Q 23
22 2Q 23
25 3Q 17
13 4Q 25
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
佐藤 博紀  10   0   3   2  
一色 翔太   -   -   -   -  
ジョージ・リーチ   -   -   -   -  
18  板倉 令奈   -   -   -   -  
田中 健介   4   4   3   4  
10  佐々木 クリス  -   -   -   -  
11  モリース・ハーグロー  23   2   3   2  
15  ガストン・モリヴァ  6   0   5   5  
17  八幡 幸助  0   1   0   0  
19  中村 友也   0   0   0   0  
21  アントワン・ブロキシー  6   0   2   4  
25  亀崎 光博   -   -   -   -  
31  石田 剛規   0   6   3   2  
44  ジャメル・スタテン  28   1   5   3  
55  白田 敏人  2   1   2   1  
信州ブレイブウォリアーズ PTS AST RBD PF
呉屋 貴教  -   -   -   -  
デレク・ライヴィオ  22   3   3   1  
斎藤 崇人  5   2   0   0  
11  齊藤 洋介  10   4   1   1  
12  宇都宮 正  5   2   2   4  
21  鈴木 豊  4   1   2   3  
24  リー・ロバーツ  13   0   7   2  
32  エドワード・モリス  14   0   7   2  
34  タイラー・ヒューズ  7   0   11   4  
42  カイル・ラケット  6   0   8   4  

開始から何度もリードが変わる接戦

<h4><span></span>開始から何度もリードが変わる接戦</h4>

スターティングメンバー発表。
♯9田中、♯11モリース、♯21プロキシー、♯31石田、♯44ジャメルの5選手。高さのある信州インサイドを、♯21プロキシーを中心に封じたい。

ティップオフはジェッツボール。♯11モリースがミドルレンジからジャンプシュートを沈め、ファーストオフェンスで得点。さらにはミドルポストでボールを受け、ターンシュート。これがバスケットカウントになり3点獲得。♯44ジャメルもファーストシュートで3ポイントをIN。スタート2分で8対4とリード。

インサイドで攻めてくる信州にダンクをくらい、反撃されるが、♯44ジャメルがスティールからファストブレイク。コートに入った♯15ガストンはレイアップ。パス回しから♯9田中がカットインと相手にディフェンスを絞らせず、着実にスコアリングを重ねる。ディフェンスリバウンドでは、ティップすることで、信州のセカンドオフェンスを阻止。残り5分12秒、14対11の場面でエリックが今日初のタイムアウト。

♯15ガストンの2ショットで再開し、1点を追加。♯31石田は高さのある相手にも物怖じせず飛び込み、マイボールを奪取。しかし、ここから連続でターンオーバーしてしまうと、信州に3ポイントを許してして今日初のビバインドに。♯15ガストンがミドルを決め、♯44ジャメルのブロックショットからの速攻では、♯17八幡、♯11モリースと繋いで得点し、流れは渡さない。リードが何度も変わる展開となり、残り1分45秒で19対21。

ディフェンスで相手を24秒バイオレーションに追い込み、♯0佐藤はオフェンスリバウンドを奪取。しかし、なかなかフィニッシュが決まらない。19対23、4点日はインドでクォーターエンド。

徐々に信州の高さに支配される展開となってしまった。スクリーンアウトを徹底し、相手にセカンドチャンスを与えるな!!

最後はヒロのクラッチタイム。ビハインドも流れはジェッツ!!

<h4><span></span>最後はヒロのクラッチタイム。ビハインドも流れはジェッツ!!</h4>

信州ボールでスタートするも、スティールからのファストブレイクを♯9田中が決める。さらには♯44ジャメルの得点を好アシスト。開始1分で同点に追いつく。だが、ここから連続9失点。3分秒経過で23対32。

エリックは♯55白田を投入し、リズムを取り戻しにかかる。すると♯55白田が最初のプレーでシュートを決め、その後もオフェンスリバウンド、ディフェンスでのカットと期待に応える。♯44ジャメルは24秒をフルに使い、最後は自らシュート。これが決まり、バスケットカウントの笛が吹かれたところでオフィシャルタイムアウト、27対34。

試合再開、♯44ジャメルの1ショットが成功。♯55白田、♯44ジャメルが連続でスティール。♯0佐藤は盛んに声を出し、チームを統率。好守を続けたが、オフェンスで苦戦しているうちに連続失点。残り3分で28対39とされる。


♯21プロキシーのポストプレーから♯44ジャメルがレイアップを決めて久々のフィールドゴール。そして待望の3ポイントが♯0佐藤から飛び出す。信州にもインサイド、フリースローで得点されてしまうが、ターンオーバーのピンチでは♯15ガストンが懸命に飛び込み、拾った♯44ジャメルが一気にファストブレイク。これがバスケットカウントとなり3点をマーク。ディフェンスでは♯15ガストンが強烈なブロックショット。

8点ビハインド、残り40秒の場面で♯0佐藤が2本目の3ポイント。そしてラストプレー、♯55白田がオフェンリバウンドを拾い、再び♯0佐藤へ。ブザービーターを決めてみせた。

41対46、ビハインドでの前半終了となったが、終盤はジェッツペース。♯0佐藤、♯55白田のプレーが流れを呼び込んだ。後半まずは追いつくぞ!!

河ちゃん's レポート

第1Q、ジェッツは出だしから#11モリースが連続得点をすると#44ジャメルの得意芸であるスティールからレイアップシュートを決める。ジェッツはこのままリードを広げていきたいがウォーリアーズにオフェンスリバウンドを取られ得点を許してしまう。ジェッツは#11モリースがミスマッチになっているところを突き#11モリースにボールを集めるがなかなか得点を決められない。ジェッツはオフェンスを切り替え交代で入った#15ガストンを中心に攻め立て得点していく。リードを保ち試合を進めていくがジェッツはまたしても終盤にウォーリアーズに連続得点を許してしまい19対23と逆転され第2Qへ。

第2Q、開始早々に#9田中がリバウンドからそのまま自ら持ち込みレイアップシュートを決める。立て続けに#9田中はフリーの#44ジャメルにアシストをし、同点に追いつく。このまま逆転をしたいジェッツであるがウォーリアーズにまたしてもオフェンスリバウンドを取られると一気に失点をしてしまう。ジェッツも#31石田が3Pを狙っていくが決まらない。交代で入った#55白田が攻守で存在感をみせると#44ジャメルがファールを受けながらもシュートを決めオフィシャルタイムアウトに突入。オフィシャルタイムアウト明けのフリースローを#44ジャメルがしっかりと決めると#21ブロキシーのインサイドプレーから#44ジャメルがカッティングをし、パスをもらいシュートを決める。ジェッツは交代で入った#0佐藤が3Pを決め二桁あった得点差を一桁まで縮める。ジェッツは#44ジャメルがバスケットボールカウントプレーを決めるとまたしても#0佐藤が3Pを決める。残り20秒でウォーリアーズ#6齋藤にシュートを決められるが最後のオフェンスでジェッツ#44ジャメルが3Pを狙う。しかしこれは外れてしまうがオフェンスリバウンドを取るとコーナーにいた#0佐藤に託し、これを#0佐藤がブザーと同時に決め41対46として前半を終了する。

ロッカールームレポート

「相手にオフェンスリバウンドを捕られ、セカンドチャンスを与えてはいけない。しっかりとリバウンドを捕って、オフェンスに繋げていこう。オフェンスでは良いプレーができているぞ。」冷静に伝え、選手たちを鼓舞するエリックヘッドコーチ。残り20分、リバウンドを制すれば、流れはジェッツに来る!!

終盤に逆転!!モー、メルの2大エースがエンジン全開!

<h4><span></span>終盤に逆転!!モー、メルの2大エースがエンジン全開!</h4>

マイボールで後半開始。♯9田中のパスを受けた♯21プロキシーがジャンプシュート成功。さらには完璧のブロックショット。♯21プロキシーはさらにもう1本フィールドゴール。しかし、取っては取られるの展開がスタートから続き、まだ差は縮まらない。♯11モリースがフリースローを連続で成功させ、2分30秒経過で47対53。

一度は8点差とされるが、♯44ジャメルがドライブからレイアップ。これがバスケットカウントになり3点。今日の♯44ジャメルは1ON1からのアタックで次々得点。スピードで相手を抜いてレイアップをさらに1本。これに♯11モリースが連続5ポイントで続き、残り3分で57対62。

♯44ジャメルが決めて3点差。ディフェンスでは♯31石田、♯0佐藤のガード陣が懸命のプレッシャー。これで1本守ると♯44ジャメルに3ポイント。62対62、残り2分を切ったところで遂に同点!!

信州のタイムアウト明けのディフェンスに成功。速い切り替えで攻めに転じると、相手がたまらずファウル。♯11モリースがフリースロー2本を決めて逆転に成功。さらに♯0佐藤がダイブしてマイボールを奪取すると、最後は♯0佐藤にボールが戻り、得点。最後の信州のフリースローでは会場全体から大きなブーイング。ブースターの後押しで相手の反撃を1点に抑えてみせた。

66対63、3点リードで最終クォーターへ。勢いは完全にジェッツ。最後までリードして連勝だ!!

大事な場面で得点できず、逆転負け

<h4><span></span>大事な場面で得点できず、逆転負け</h4>

信州ボールでスタートした最初のディフェンスで♯0佐藤がスティール。♯11モリースがレイアップに行ったところをファウルで止められ、フリースローで1点。♯44ジャメルも1点追加。ディフェンスリバウンドを1回で捕るシーンも増加。だが、相手の3ポイントとターンオーバーから速攻を続けて決められると、さらに失点。3分経過で2点ビハインドの展開に。

逆転された直後のオフェンスで♯11モリースがフリースローを決めてすぐさま同点。3ポイントを決められるなど、相手をストップできない時間が続くが♯21プロキシー、♯15ガストンがスコアリングし、応戦。73対75、2点ビハインドのままオフィシャルタイムアウト。残りは4分45秒。

信州ボールでリスタート後、先に失点。ジェッツは何度もシュートを放つがなかなかネットを揺らすことができないでいると、フリースローでさらに1点与え、残り2分30秒でビハインドが5点に。残り2分、相手にフリースローを与えたところでエリックがタイムアウト。

フリースローで2点許し、7点差。次のオフェンスで♯44ジャメルが決めてジェッツ久々の得点。残り1分、ファウルゲームに持ち込んでオフェンスの時間を確保。♯11モリースがフリースローを獲得し、連続で成功。77対82と5点差。しかし、信州にフリースローを手堅く決められてしまい差を詰めることができない。♯11モリースがさらに2本フリースローを決めたが、逆転できず79対88で試合終了。

接戦をものに出来ず初戦を落としてしまった。信州に順位を逆転されないために、明日は必ず勝利したい。
 

河ちゃん's レポート

第3Q、ジェッツはこのクォーターも先制するが、すぐさまウォーリアーズに得点を決め返されてしまう。ジェッツは得点差を縮めたいがなかなか縮まらない。しかし、ジェッツの得点源である#11モリース、#44ジャメルがオフェンスで引っ張っていくとウォーリアーズにも得点を許すが徐々に点差を縮め3点差まで追い上げる。残り時間3分を切ったところでジェッツ#44ジャメルがドライブからの得点や3Pを決め同点に追いつく。ジェッツはその後も#11モリースのフリースローや#0佐藤がドライブからシュートを決め3点リードで最終Qへ。

第4Q、ジェッツは#11モリース、#44ジャメルが果敢に攻め込みファウルを誘っていく。しかし、2人はフリースローを2本両方決められない。得点が伸びないでいるとウォーリアーズ#5ライヴィオを中心としたオフェンスに連続得点を許してしまい逆転を許してしまう。後手となったジェッツはなんとか#21ブロキシーがインサイドで決めるが攻め手を欠く状態が続きオフィシャルタイムアウトに突入。タイムアウト明けもジェッツはオフェンスが機能せず無得点が続く。ウォーリアーズに時間を使われながら試合が進みショットクロックが少なくなくなるがジェッツは我慢できずファウルをしてしまいウォーリアーズ優勢で試合が進んでいく。ジェッツは#44ジャメルがドライブから得点をし約4分振りに得点する。残り時間が少ない中、早く得点をしたいがディフェンスでもリバウンドを取られるなど試合の流れが上手くジェッツに傾いてくれない。ジェッツは最終手段としてファウルゲームを仕掛けるが得点差を縮められず連勝をすることは出来なかった。

BOOSTER'S ボイス

<h4><span></span>BOOSTER'S ボイス</h4>

神谷さんご家族
「2試合に1回は必ず応援に来ています!! チーム全体で戦っている気配がどんどん増しているのを実感しています。最後まで全力で、プレーオフを狙ってほしいです。」

BOOSTER'S ボイス

<h4><span></span>BOOSTER'S ボイス</h4>

上原千佳さん(左)
須賀望美さん(中)
三好萌日さん(右)
「高校受験が終わって、久しぶりに応援に来ました。今日の試合は負けてしまったけれど、最後まで一生懸命プレーするジェッツが大好きです!! 開幕戦を観て以来、石田選手の大ファンです。今日試合後、握手できて凄くうれしかったです!(須賀さん)。八幡選手、応援してます!(三好さん)」

エリック・ガードー コメント

エリック・ガードー
エリック・ガードー

「非常にタフなゲームでした。これだけ相手にオフェンスリバウンドを奪われ、セカンドチャンスでポイントされると勝つのは難しい。リバウンドでティップした時に信州の方が、ルーズボールを追うスピードが速かった。明日もリバウンドが大切です。ジェッツは信州よりも小柄なので、エナジー、ハッスルで負けてはリバウンドは奪えません。今日は会場の盛り上がりを凄く感じただけに、勝てなくて悔しい。明日も声援とサポートをよろしくお願いします。」

ジャメル・スタテン コメント

ジャメル・スタテン
ジャメル・スタテン

「今日の結果にはがっかりしています。自分のスタッツが何点だろうが、勝てなければ納得できません。リードして最終クォーターを迎え、少し気が緩んだのかもしれません。明日は最後まで集中力を切らさず、必ず勝ちます。」

佐藤 博紀 コメント

「終盤、自分たちのバスケットが出来ず、勝ちきれない試合になってしまいました。中盤はオフェンスでいい仕事が出来ましたが、チームが勝たないと意味がなくなってしまう。久々のホームゲームだったので勝ちたかった。明日は絶対に勝ちたい。そのためにまずはハードディフェンスで挑みます。」

白田 敏人 コメント

白田 敏人
白田 敏人

「順位を争う相手に勝てずに悔しいです。流れが悪い場面で声が掛かったので、ディフェンスを意識して試合に臨みました。自分中でいつでもいけるよう、準備は出来ています。出番をもらってしっかりとチームに貢献したいです。」

 
19:10
開    場: 14:45
先行入場: 14:30

浦安市運動公園総合体育館
2012年03月03日
VS [信州ブレイブウォリアーズ] 3月攻勢は浦安から!!

1ヶ月ぶりのホームの対戦相手は、8位の長野。
プレイオフ圏内を目指す相手に負けられない一戦!
滋賀戦の勢いと皆さんのブーストで勝利をもぎ取ろう!!