MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ARCHIVES

ARCHIVES

HOME > 過去の試合結果 > 3/31(日) 京都ハンナリーズ戦 試合結果
 

3/31(日) 京都ハンナリーズ戦 試合結果

 

3/31(日) 京都ハンナリーズ戦 試合結果

4人が2桁得点も、京都に振り切られ連勝ならず!
 
試合終了
80 73
19 1Q 17
23 2Q 20
19 3Q 19
19 4Q 17
京都ハンナリーズ PTS AST RBD PF
瀬戸山 京介  2   1   0   2  
岡田 優  7   1   2   2  
ジャーメイン・ボイェット  4   0   6   3  
村上 直  0   1   1   1  
12  デイビッド・パルマー  18   2   9   2  
14  稲垣 諒  6   2   0   2  
20  北村 豪希  -   -   -   -  
21  寒竹 隼人  4   1   3   1  
41  マーカス・クザン  25   1   13   2  
42  ジーノ・ポマーレ  8   0   2   1  
91  片岡 大晴  6   2   3   0  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
佐藤 博紀  5   1   1   3  
一色 翔太   10   3   2   5  
12  狩俣 昌也  4   1   1   2  
13  ディアンドレ・ベル  16   3   6   3  
18  板倉 令奈   -   -   -   -  
19  中村 友也   0   0   0   3  
31  石田 剛規   3   0   3   3  
34  ジョー・ワーナー  -   -   -   -  
35  マーキン・チャンドラー  16   1   3   3  
41  マーキス・グレイ  19   1   16   3  

まずまずの立ち上がり、シーソーゲームの様相!

昨夜の同カードでは、内外バランス良く得点を重ね、前半のビハインドをはね返して、見事に勝利を収めたジェッツ。東地区5位に浮上し、プレーオフでのホームコートアドバンテージも見えてきた。逆転勝ちの勢いそのままに連勝を飾ってホームに帰りたい。今日のスターターは#0佐藤、#1一色、#31石田、#35チャンドラー、#41グレイ。前日の#18板倉に代わり#31石田が入る。

#41グレイのジャンプボールでファーストオフェンスを得たジェッツは、#1一色がワンマン速攻でレイアップ。直後に#35チャンドラーがハイポストからのジャンプシュートで続き4-0と先行。残り8:53には#41グレイがゴール下で押し込みバスケットカウントを得る。ワンスローも決めて2-7とリードを奪う。

ここから京都の外角シュートが連続で決まり、残り7:47には10-7と3点ビハインド。ジェッツは残り5:23、#41グレイがローポストからターンアラウンドシュートを決めて11-9と離されない。残り4:09、またも#41グレイが決めて11-11と追いつく。

京都に1本返されるが、ジェッツも積極的に仕掛け、残り3:21には#1一色のフリースローで13-13の同点。しばらくスコアが動かなかったが、残り1:27に#12狩俣がジャンプシュートを沈めて14-15とリードを奪う。そこから京都にフリースロー、3Pを決められるが、残り0:07で#35チャンドラーが決めて、19-17と2点差。

先行したものの、シーソーゲームを2点ビハインドで第2Qへ。

一時は追い上げも5点ビハインド、後半の巻き返しに期待!

第2Qは京都ボールで開始。フリースローで先行されるも、ジェッツは残り8:47で#12狩俣が決めて21-19。残り8:13には#13ベルが3Pを射抜いて21-22とリードを奪う。京都も譲らず、2本連続で決められ、残り6:59で25-22と2点ビハインド。残り6:32、#13ベルのファールでフリースローを与えたところで、ジェッツが60秒タイムアウトをコール。

タイムアウト明け、フリースロー1本、3Pを許すも、#1一色が3Pを返して残り5:51で29-27。直後に京都にも決められ、残り4:36、33-27と6点差でオフィシャルタイムアウトを挟む。

残り4:18、#41グレイがペイントエリアで粘って33-29。残り3:27、ターンオーバーから京都に速攻を許してしまい、残り3:14、37-29と8点ビハインドで2度目の60秒タイムアウトを使って流れを切る。

京都に外角から決められるが、ジェッツは#1一色がまたも3Pを決めて残り2:30で39-32と追い上げる。直後に京都にバスケットカウントを与えてしまうも、残り1:17で今度は#0佐藤が3Pを沈めて42-35と7点差。ここで京都が60秒タイムアウトを挟む。

ジェッツは第2Q最後のオフェンスに#35チャンドラーの1on1を選択。ショットクロックギリギリでハイポストから放ったジャンプシュートが見事に決まり、残り0:09で42-37と5点差に。京都の最後のシュートは決まらず、5点ビハインドで試合を折り返した。

シュート率は3P4/10、2P11/21とまずまずだが、リバウンドは京都22本に対し16本、ターンオーバーで京都5に対して11と水を空けられ、後半はここを修正したい。

流れは作るもとらえきれず、勝負は最終盤へ!

第3Qはジェッツボールで開始。残り8:39、#0佐藤がミドルレンジからジャンプシュートを決めて42-39と3点差に。直後から京都にバスケットカウント、3P、ダンクと立て続けに攻撃を許し、残り7:13、50-39と11点ビハインドで60秒タイムアウトを使って流れを止める。

タイムアウト明け、落ち着いてボールを回しながら、#35チャンドラーがトップから3Pを沈め、残り7:03で50-42と8点差。2本返されるも、ジェッツは残り5:34に#35チャンドラーがドライブからバスケットカウントを得て、55-45。残り5:07、#41グレイがフリースロー2本をしっかり決めて、55-47と8点差。

残り4:15、#13ベルが決めて56-49と7点差にすると、さらに#13ベルは3Pを沈めて残り3:00には58-52。さらに残り2:17には#12狩俣のスティールをきっかけに、セカンドオフェンスで#31石田がミドルレンジからジャンプシュートを決めて58-54。残り1:46には#31石田がフリースローを1本決めて、58-55で京都が60秒タイムアウトをコール。

残り1:14には#41グレイがフリースローを1本決めて、59-56と少しずつ差を詰める。最後に京都にもフリースローを決められ、61-56で第3Qを終了。

5点を追いかけ、勝負は第4Qへ。

最後に振り切られて、悔しい敗戦!

第4Qは京都ボールから開始。すぐに#35チャンドラーはゴール下をねじ込み、61-58と3点差に。さらに#13ベルが続いて62-60と追い上げる。京都にも外角から決められ、残り7:16、67-60と7点ビハインドでジェッツが60秒タイムアウトを挟む。

タイムアウト明け、すぐに#13ベルが決めると、#41グレイがゴール下で粘り、残り5:46で67-64と3点差に。スコアはそのまま、残り4:45でオフィシャルタイムアウト。

残り4:34、#41グレイがペイントエリアでドライブ。バスケットカウントを奪うと、ボーナススローもきっちり決めて、ついに67-67の同点に追いつく。追いついた直後、京都にも決められるが、残り3:02、#41グレイがフリースローを2本決めて71-69と2点ビハインド。残り1:36、京都の60秒タイムアウト。

スローインからの京都のオフェンスをしのぐも、ジェッツのシュートも決まらず。逆に京都に3Pを決められ、残り0:53、74-69と5点ビハインドでジェッツが60秒タイムアウトをコール。

残り0:39、#13ベルがドライブからのレイアップを決める。これで74-71と3点差。京都が60秒タイムアウトを使う。

残り0:31、京都にゴール下を突かれて失点。76-71と再び5点差に開いて、ジェッツが20秒タイムアウト。#35チャンドラーがすばやく3Pを狙うもこれは奏功せず、残り0:21で今度は京都が20秒タイムアウト。

京都のスローインで再開後、ジェッツはすぐにファールで時計を止める。フリースローを1本決められ、残り0:19、77-71で20秒タイムアウトをコール。#13ベルがまたもドライブを決めて、残り0:17で77-73。

ジェッツは次のディフェンスでファールを選択。フリースローを決められ、最終スコアは80-73で試合終了。

シーソーゲームを最後に振り切られて連勝はならず、悔しい敗戦となった。、

冨山 晋司 コメント

冨山 晋司
冨山 晋司

「チームルールに従ってプレイできた良い2日間でした。できた部分、できなかった部分がはっきりし、良い課題が見つかったので、引続き残り試合も頑張りたいです。」

 
14:00

ハンナリーズアリーナ
2013年03月31日
VS [京都ハンナリーズ] 勝利を収め、ホーム最終戦へ!

先日レギュラーシーズン通算100勝を達成した京都。
しかしジェッツと同じくプレイオフ圏内に属するもまだ進出が決定していない。
勝利にこだわり望んでくる相手に対し、気持ちでもプレイでも負けられない。
残り少なくなってきた試合数。1つでも多くの勝利を収めましょう!
そしてホーム最終戦へ弾みをつけましょう!!