MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ARCHIVES

ARCHIVES

HOME > 過去の試合結果 > 2014/2/1(土) アイシンシーホース三河戦
 

2014/2/1(土) アイシンシーホース三河戦

 

2014/2/1(土) アイシンシーホース三河戦

 
試合終了
91 69
20 1Q 20
19 2Q 13
25 3Q 21
27 4Q 15
アイシンシーホース三河 PTS AST RBD PF
橋本 竜馬  8   4   2   3  
嶋田 基志  -   -   -   -  
柏木 真介  5   3   0   2  
ケビン・ヤング  2   0   5   1  
比江島 慎  14   5   5   1  
福田 真生  0   0   1   0  
高島 一貴  0   0   0   0  
11  市岡 ショーン  6   2   4   1  
14  金丸 晃輔  31   1   2   0  
21  ギャビン・エドワーズ  14   1   11   2  
23  喜多川 修平  7   0   1   2  
32  桜木 ジェイアール  4   1   11   0  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
佐藤 博紀  6   0   0   3  
一色 翔太   1   0   1   0  
宮永 雄太  0   3   0   0  
田中 健介   0   1   3   1  
11  西村 文男  0   0   1   2  
22  上江田 勇樹  6   0   3   1  
23  パリス・ホーン  13   1   12   0  
25  荒尾 岳  2   0   1   1  
27  石井 講祐  0   0   0   0  
34  小野 龍猛  14   3   2   3  
35  トーマス・ケネディ  27   3   2   2  

戦評

ディフェンディング・チャンピオンと対戦出来る事はとても貴重な経験であり、千葉のバスケを試すチャンスであった。第3ピリオドまで、ミスはあったもののディフェンス面ではインサイドを抑え、オフェンスでは外からのシュートを決めることができ、上手く戦うことができた。しかし最終的には相手の高さと経験に差をつけられたゲームとなった。ポスト選手からの得点を抑える事に重点を置いた結果、#14金丸選手に3ポイントシュートをフリーで打たせ過ぎ、11本中7本を決められた。もちろんケアはしていたが、それを上回る活躍をされてしまった。千葉も#34小野選手、#23ウィギンズ選手、そして#35ケネディ選手で合わせて54点を取ったが、アイシン三河のタフでフィジカルなディフェンスとリバウンドのアドバンテージが大きく、第4ピリオドで突き放されてしまい敗戦となった。
 

HC | レジー・ゲーリー コメント

アイシン三河は非常に良い試合をしました。第3・第4ピリオドのアイシン三河のオフェンスは、彼らの強みであるインサイドとサイズを活かしたプレーでした。そのアイシン三河のオフェンスを守りきれなかったことが、大きく試合を左右したと思います。最終的にアイシン三河の方が良いプレーをしたので、それは賞賛したいです。千葉も全体を通して良いファイトと良いスピリットで試合に挑みましたが、#14金丸選手に最初から最後までやられてしまいました。我々は今日の試合から学び、明日は必ず良いプレーができると思います。
 
15:00

ウィングアリーナ刈谷
2014年02月01日
VS [アイシンシーホース三河]