MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ARCHIVES

ARCHIVES

HOME > 過去の試合結果 > 2014/3/21(金) 兵庫ストークス戦
 

2014/3/21(金) 兵庫ストークス戦

 

2014/3/21(金) 兵庫ストークス戦

 
試合終了
65 75
16 1Q 23
20 2Q 11
9 3Q 23
20 4Q 18
西宮ストークス PTS AST RBD PF
中西 良太  2   1   6   2  
松崎 賢人  2   0   1   3  
中村 大輔  -   -   -   -  
谷 直樹  0   0   4   1  
10  松元 マックス  -   -   -   -  
12  松島 良豪  0   2   2   5  
13  道原 紀晃  15   1   1   1  
19  梁川 禎浩  15   0   5   2  
22  カール・ホール  16   1   12   3  
31  松山 晃士  0   0   3   1  
33  ウィリアム・ナイト  15   0   4   2  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
佐藤 博紀  0   1   4   1  
一色 翔太   0   0   0   1  
星野 拓海  -   -   -   -  
宮永 雄太  15   3   6   2  
田中 健介   0   0   0   0  
11  西村 文男  -   -   -   -  
22  上江田 勇樹  20   2   2   3  
23  パリス・ホーン  21   2   8   2  
25  荒尾 岳  3   1   6   2  
27  石井 講祐  6   0   2   3  
33  クリス・ブラズウェル  10   1   10   0  
34  小野 龍猛  -   -   -   -  

戦評

 非常に競ったゲームとなった。兵庫は長い連敗から脱出しようと必死で戦い、千葉は遠征で良い勝利が出来るよう、勝つバスケットボールを続けられるよう挑んだ。
 千葉は前半オフェンスで良いスタートを切り、固い守りを土台に小さなリードを作る事が出来ました。第2ピリオドでは兵庫がファイトし、ジェッツのターンオーバーを着実に得点に繋げ、千葉はオープンシュートを決める事が出来ず、オフェンスで苦しんだ。良いスタートを切ったものの、ハーフタイムをわずか2点ビハインドで迎える事となった。
 第3ピリオドは立て直しディフェンスにフォーカスをした。その結果がオフェンスにつながり高確率なシュートやトランジションの3ポイントシュートを打つ事が出来、この日一番のピリオド間での得点のおかげでリードを13点に広げる事が出来た。第4ピリオドは兵庫が点差を詰めようと積極的にプレスを仕掛け、ディフェンスをするのが見られたが、第3ピリオドで作ったリード、そして相手のプレッシャーに対して冷静にプレー出来た事が勝敗を分けた。
 全員が良いゲームをしたが、特に#23ウィギンズ選手の21得点7リバウンド、#22上江田選手のシーズン初めての20得点ゲーム、#7宮永選手の15得点6リバウンド、3アシスト、そして#33ブラズウェル選手が再びダブルダブル(10得点10リバウンド)を記録した。

HC | レジー・ゲーリー コメント

前半は試合の流れが両チームにとって大きく変わる中、ハーフタイムで選手たちが見事に立て直してくれました。集中力を切らさずに、チームディフェンスができたことがよかったです。兵庫はどんな点数を開いたとしても、それを縮めてくる勢いのあるチームです。明日も、タフなゲームになると思いますので、しっかり準備して挑みます。

 
19:00

神戸市立中央体育館
2014年03月21日
VS [西宮ストークス]