MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ARCHIVES

ARCHIVES

HOME > 過去の試合結果 > 2014/10/12(日) 日立サンロッカーズ東京戦
 

2014/10/12(日) 日立サンロッカーズ東京戦

 

2014/10/12(日) 日立サンロッカーズ東京戦

 
試合終了
79 68
19 1Q 15
18 2Q 18
14 3Q 15
28 4Q 20
日立サンロッカーズ東京 PTS AST RBD PF
満原 優樹  5   0   1   0  
木下 博之  4   3   5   2  
川嶋 勇人  0   0   0   0  
スタンリー・バレル  0   0   3   1  
伊藤 駿  0   0   1   0  
10  アキ・チェンバース  9   2   5   3  
15  竹内 譲次  4   5   6   0  
24  広瀬 健太  24   1   1   1  
28  酒井 泰滋  0   0   0   0  
39  藤高 宗一郎  2   0   1   1  
42  ジョシュ・ハイトベルト  19   1   9   5  
50  アイラ・ブラウン  12   0   3   3  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
佐藤 博紀  2   0   0   1  
一色 翔太   -   -   -   -  
星野 拓海  -   -   -   -  
リック・リカート  12   1   6   2  
宮永 雄太  4   2   4   0  
田中 健介   -   -   -   -  
11  西村 文男  4   3   4   4  
22  上江田 勇樹  3   0   0   0  
23  パリス・ホーン  6   1   1   2  
24  ジャスティン・バレル  22   0   5   4  
25  荒尾 岳  8   1   7   1  
34  小野 龍猛  7   1   4   2  

レポート

第1ウィーク2戦目、ジェッツは#5リカート、#7宮永、#11西村、#25荒尾と昨日は途中出場ながら代表での経験値を見せつけた#34小野がスタートに復帰し、挑む。ジェッツは開始からサンロッカーズ#10チェンバースのアグレッシブなプレーに手を焼き得点を許してしまう。ジェッツも昨日とは打って変わり3Pシュートを積極的に打っていく。ジェッツは#11西村が3Pシュートを打っていくがなかなか決めることが出来ない。しかし、ジェッツ#25荒尾が積極的にオフェンスリバウンドに絡んでいきセカンドチャンスから得点を決めていき、サンロッカーズに喰らいついていく。ジェッツは#7宮永のドライブ、#22上江田の3Pシュートで逆転、リードを広げようとするがすぐにサンロッカーズ#10チェンバースに3Pシュートを決め返されてしまう。ジェッツはリードを保ちたいが得点を重ねることが出来ない。対するサンロッカーズにセカンドチャンスから得点を許し19対15と4点ビハインドで第1ピリオドを終了する。

レポート

第2ピリオド、ジェッツは開始早々に#24バレルがサンロッカーズ#50ブラウンにバスケットボールカウントプレーを与えてしまい、ベンチに下がる。しかし交代で入ったジェッツ#5リカートがオフェンスの中心となり得点を決めていく。しかし、ジェッツはサンロッカーズとのミスマッチに対応できずインサイドで得点を許してしまう。ジェッツも追いすがっていくが、29対25と4点ビハインドでオフィシャルタイムアウトに突入。タイムアウト明け、ジェッツは#23ホーンが積極的にアタックし、ドライブで崩して得点を重ねビハインドを0に戻すとサンロッカーズはタイムアウトを請求し、流れを止めにかかる。その後、ジェッツはインサイドの#5リカートにボールを集め得点の機会をうかがうが、対するサンロッカーズ#24広瀬に要所で2連続3Pシュートを決められ37対33と4点ビハインドで前半を折り返す。

レポート

第3ピリオド、ジェッツは#34小野が3Pシュートを狙うが決められず、逆に好調のサンロッカーズ#24広瀬に3Pシュートを決められ7点差と広げられると#42ハイドヘルトにもインサイドで決められ出だしでつまずきタイムアウトを請求することとなる。ジェッツは苦しい展開が続き#11西村が得点をしていくがサンロッカーズにスティールからの得点やフリーで簡単にシュートを決められ得点差を二桁にされてしまう。ジェッツはそれでも#34小野の3Pシュートを決めるが続かず、重要な場面でのターンオーバーが目立ってしまい、流れを掴みきれない。得点が欲しいジェッツは残り2分を切ったところで、オフェンスリバウンドで貢献していた#25荒尾に代えてシューターの#22上江田を投入する。これが功を奏したのか#24バレルのインサイドでの得点が続き最大10点あった得点差を3点まで追い上げ、最終ピリオドへ突入する。

レポート

第4ピリオド、ジェッツは#25荒尾がオフェンスリバウンドに積極的に絡んでいき、ジェッツに流れを掴ませようとする。ジェッツは好調の#24バレルのインサイドプレーでオフェンスを組み立て、ダブルチームを仕掛けられながらもジェッツ#24バレルはジャンプシュートを決めていく。対するサンロッカーズも#42ハイドヘルトが得点を重ね、両者得点の取り合いとなりながら59対57と2点ビハインドでオフィシャルタイムアウトに突入。オフィシャルタイムアウト明け、ジェッツはサンロッカーズ#42ハイドヘルトのインサイドプレーに連続得点を許し苦しい状況が続く、対するジェッツ#24バレルもバスケットボールカウントプレーを決め、戦っていく。残り2分を切ったところでここまで好調を維持してきていた#42ハイドヘルトがファールアウトをする。ジェッツに流れが傾きかけると思われたがサンロッカーズ#15竹内のインサイドプレー、#24広瀬に3Pシュートを決められ重要な時間帯で得点を離されてしまう。ジェッツもオフェンスで仕掛けるがなかなか得点が出来ず時間だけが過ぎていく。ジェッツは開いた得点差を縮めることが出来ず、開幕2連敗を喫した。

HC | レジー・ゲーリー コメント

タフな週末になりました。試合に負けはしましたが、試合前に伝えた改善してほしい点、修正点を実行してくれたことはよかったです。そして個人についていうと、#24バレルがいいプレーを見せ、能力を発揮してくれました。シーズンは長く、1つにまとまるにはまだ時間がかかります。今日はそのプロセスの一つだと思っています。

 
15:00

国立代々木競技場第二体育館
2014年10月12日
VS [日立サンロッカーズ東京] 4シーズン目のフライト

NBL2014-2015シーズン開幕第2戦目。
昨シーズンまで日立東京に所属していた#11西村文男が、さっそく古巣しかもアウェーで対戦。
新天地ジェッツの一員としてどこまで活躍できるか!?