MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ARCHIVES

ARCHIVES

HOME > 過去の試合結果 > 2014/10/26(日) レバンガ北海道戦
 

2014/10/26(日) レバンガ北海道戦

 

2014/10/26(日) レバンガ北海道戦

 
試合終了
64 81
16 1Q 20
7 2Q 21
16 3Q 20
25 4Q 20
レバンガ北海道 PTS AST RBD PF
野口 大介  2   0   0   1  
阿部 友和  9   3   1   2  
多嶋 朝飛  8   1   1   5  
折茂 武彦  3   0   2   0  
11  桜井 良太  2   3   3   2  
12  西川 貴之  5   0   0   2  
23  種市 幸祐  2   0   0   2  
31  青野 文彦  3   1   6   3  
33  ジェロウム・ティルマン  19   3   10   3  
66  チャド・ポスチュマス  5   0   7   2  
88  高村 成寿  -   -   -   -  
91  片岡 大晴  6   0   1   2  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
佐藤 博紀  0   0   0   0  
星野 拓海  -   -   -   -  
リック・リカート  15   1   10   1  
宮永 雄太  5   3   4   2  
田中 健介   -   -   -   -  
11  西村 文男  16   1   2   2  
22  上江田 勇樹  -   -   -   -  
23  パリス・ホーン  8   3   3   1  
24  ジャスティン・バレル  16   0   9   4  
25  荒尾 岳  6   1   6   2  
27  石井 講祐  13   1   2   1  
34  小野 龍猛  2   1   5   3  

レポート

第3ウィーク2戦目、ジェッツは昨日と同様の#5リカート、#7宮永、#11西村、#25荒尾、#34小野のスタートで挑む。ジェッツは#11西村のドライブからのレイアップシュートで得点をするもののディフェンスがピリッとせず、レバンガに簡単に得点を許してしまう。ジェッツはオフェンスで巻き返したいがレバンガのゾーンディフェンスを攻めきれず得点が伸びない。ジェッツはタイムアウトを請求し、立て直しを図る。ジェッツは#5リカートがインサイドで奮起するとリズムが良くなり、自身も得点を重ねると#34小野もレバンガ#33ティルマンからオフェンスチャージングファールを取り、流れを掴みかけたところでレバンガはタイムアウトを請求。タイムアウト後もジェッツは積極的に仕掛け#11西村、#27石井の3Pシュートで得点し、16対20と4点リードで第1ピリオドを終了する。 

レポート

第2ピリオド、ジェッツは開始早々にレバンガ#66ポスチュマスにバスケットボールカウントプレーを決められてしまう。しかしジェッツは#27石井の3Pシュート、#23ホーンのドライブからのレイアップシュートで得点を重ねると、ディフェンス面でも乗せてはいけないレバンガ#9折茂に#27石井がタイトなディフェンスで守り得点を許させないとレバンガはたまらずタイムアウトを請求。タイムアウト後、ジェッツ#24バレルがポストムーブから豪快にダンクを叩き込み会場を静まりかえさせる。ジェッツはオフィシャルタイムアウトをまたいでもディフェンスから流れを掴み、#27石井がレバンガ#11桜井からスティールし、レイアップシュートを決めると#23ホーン、#24バレル、#25荒尾が攻守にわたり活躍し、このピリオドの相手の得点を7点と一桁に抑え、23対41とリードを広げ後半へ臨む。 

レポート

第3ピリオド、何としても立ち上がりを制したいジェッツは#5リカートをオフェンスの中心にインサイドで勝負を仕掛けていく。ジェッツは#34小野のポストアップも有効的に使いハイローの合わせからの得点も生み出していく。ジェッツは相手のポストプレイに対してダブルチームを仕掛けスティールを狙っていき相手に思うようなプレーをさせない。ジェッツは#7宮永、#24バレルなどの得点でリードを広げていくが終盤になるとターンオーバーが増え、レバンガ#8多嶋の3Pシュート、#91片岡にシュートを決められ39対61と22点のリードで第3ピリオドを終了する。

レポート

第4ピリオド、ジェッツは#27石井がドライブからレイアップシュートを決めると、相手のオフェンスもきっちりと対応して得点を許さない。ジェッツは#27石井が3Pシュートを決めるとリバウンドから速攻に持って行った#7宮永のレイアップシュートをそのままダンクで押し込み勢いに乗ると、レバンガはタイムアウトを請求。タイムアウト後、ジェッツはレバンガのプレスディフェンスからターンオーバーが多くなり自らの首を絞める展開となってしまう。ジェッツは20点差以上開いていたリードを10点台まで縮められてしまうがレバンガも勢いに乗れない。ジェッツは#5リカートを投入し、落ち着きを取らせると終盤は時間を有効的に使い試合をコントロールし、このシリーズを1勝1敗で終えた。

HC | レジー・ゲーリー コメント

今日の勝因は、ゲームプランに忠実にプレーしてくれたこと。それに尽きます。特に第2ピリオドのディフェンスはパーフェクトでした。ハーフタイムには、第3ピリオドのスタートがどれだけ大事か伝えましたがエネルギッシュにその通りにやってくれました。レバンガ北海道の開幕戦ということでアウェイの大きな声援の中、遠征初勝利が出来た事がうれしいです。
 
15:00

月寒グリーンドーム
2014年10月26日
VS [レバンガ北海道] DOMINATE THE PAINT!!

リーグでも屈指のインサイドに挑むべく、今シーズン新たに加入した3人の外国籍選手の活躍に期待したい。#5リカートと#24バレルがインサイドでの肉弾戦を制し、#24ホーンがアウトサイドから得点を重ねて相手ディフェンスをかく乱すれば勝利はおのずと見えてくるだろう。