MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ARCHIVES

ARCHIVES

HOME > 過去の試合結果 > 2014/11/15(土) リンク栃木ブレックス戦
 

2014/11/15(土) リンク栃木ブレックス戦

 

2014/11/15(土) リンク栃木ブレックス戦

 
試合終了
89 76
22 1Q 16
19 2Q 16
27 3Q 23
21 4Q 21
リンク栃木ブレックス PTS AST RBD PF
田臥 勇太  13   7   4   3  
小林 大祐  0   1   1   1  
カイル・バローン  7   0   7   2  
山田 大治  0   0   0   0  
遠藤 祐亮  3   0   2   4  
13  渡邉 裕規  18   4   4   0  
22  網野 友雄  0   0   0   1  
24  トミー・ブレントン  6   7   9   3  
25  古川 孝敏  14   1   1   2  
27  熊谷 尚也  2   0   0   1  
32  ライアン・ロシター  26   1   10   1  
73  田渡 修人  0   0   0   0  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
佐藤 博紀  -   -   -   -  
一色 翔太   -   -   -   -  
星野 拓海  -   -   -   -  
宮永 雄太  0   2   1   1  
田中 健介   -   -   -   -  
11  西村 文男  16   4   1   2  
22  上江田 勇樹  2   0   4   2  
23  パリス・ホーン  23   1   4   1  
24  ジャスティン・バレル  13   1   19   3  
25  荒尾 岳  0   1   3   2  
27  石井 講祐  3   1   2   2  
34  小野 龍猛  19   0   2   1  

レポート

リンク栃木ブレックスとの第1戦、ジェッツは今週も#5リカートを欠く中、#11西村、#24バレル、#25荒尾、#27石井、#34小野でスタートする。ジェッツは開始からディフェンスを締め、相手のシューター陣を防いでいくとオフェンス面ではセットプレーを遂行し、#27石井の3Pシュートなどで得点をしていく、しかしジェッツはなかなか得点差をつけられずリードを保つものの余裕をもって試合を運んでいけない。ジェッツはタイムアウトを請求しアジャストを図るがタイムアウト明け、ジェッツはターンオーバーが目立ち始め栃木の得意とする早い展開に持ち込まれ一気に流れを掴まれてしまう。ジェッツは1分半の間に10得点を許してしまいタイムアウトを取らざる得なくなってしまう。ジェッツは再修正をし、失点を抑えていくが得点を伸ばせず22対16と6点ビハインドで第1ピリオドを終了する。

レポート

第2ピリオド、ジェッツは栃木にオフェンスリバウンドを取られセカンドチャンスから得点を許す展開が続いてしまう。対するオフェンス面でもジェッツはタフショットが多く、得点を伸ばすことが出来ない。ジェッツはディフェンスで流れを掴もうとタイトについていくと栃木はショットクロックぎりぎりで打たざる得なくなる。しかし栃木はそのシチュエーションでもシュートを沈めジェッツは徐々にリードを広げられてしまう。ジェッツは#11西村がオフェンスの中心として組み立てていくが、栃木の早い展開に疲れが見られ、インサイドでの戦いが見られず苦しい展開が続いたまま41対32と9点ビハインドで前半を終了する。

レポート

第3ピリオド、ジェッツは#11西村の3Pシュート、#34小野のポストプレーで一気に得点差を縮めたかに思われたが栃木#13渡邉に3連続で3Pシュートを決められ開始の勢いを消されてしまう。ジェッツはそれでも#34小野がポストプレーから連続でバスケットボールカウントプレーを沈めると#22上江田も難しい体勢からレイアップシュートを決め一桁まで得点差を戻すと栃木はタイムアウトを請求。タイムアウト後、ジェッツはリードを縮めにかかるが栃木にもコンスタントに得点を許してしまい、なかなか得点さを縮められずジレンマが続きながらこのピリオドを終了する。

レポート

第4ピリオド、ジェッツは#23ホーンがスタートからドライブを何度も仕掛け流れを作ろうとしていく。ジェッツは#23ホーンがフリースローを獲得するが1本しか決められない。しかしジェッツ#24バレルがオフェンスリバウンドを掴みそのまま3Pシュートラインまで下がっていた#23ホーンに託すと、#23ホーンは3Pシュートを決め7点差まで追いつく。ジェッツはこのまま流れを掴みたいが栃木の3Pシュートがこのピリオドも当たり、要所で決められ10点差を保たれてしまう。ジェッツはどうしてもこの得点差を埋められず栃木ペースで試合が進んでいく。終盤になっても栃木から流れを奪うことが出来ず89対76で敗戦となった。
 

HC | レジー・ゲーリー コメント

今日、勝利できなかった事はとても残念です。一番ベストなプレーを見せられなかったと思います。 リンク栃木は、すごく良いチーム。我々は最後まで戦い、何度かチャンスを掴みました。 そういった部分は、しっかりと評価したいと思いますし、チームを誇りに思います。 しかし、自分達のミスが多過ぎて、リンク栃木がしっかりそれをモノにしたと思います。
 
17:00
開    場: 13:00

ブレックスアリーナ宇都宮
2014年11月15日
VS [リンク栃木ブレックス] そうだ宇都宮へ行こう

アウェーでの和歌山戦を2連勝して6勝4敗とした千葉ジェッツは、再びアウェーでのリンク栃木ブレックス戦に臨む。相手は今シーズン8勝2敗(カンファレンス2位)と開幕から好調な滑り出しをしている。しかもトヨタ東京戦をアウェーで2連勝しており、こちらも勢いをキープ。人気実力ともに衰えを知らない#0田臥勇太選手を擁し、圧倒的なアウェーの雰囲気の中でいかに自分たちのバスケを展開できるか期待したい。

■リンク栃木ブレックスチケット情報はこちら