MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
ARCHIVES

ARCHIVES

HOME > 過去の試合結果 > 2014/11/16(日) リンク栃木ブレックス戦
 

2014/11/16(日) リンク栃木ブレックス戦

 

2014/11/16(日) リンク栃木ブレックス戦

 
試合終了
77 65
22 1Q 19
16 2Q 12
16 3Q 18
23 4Q 16
リンク栃木ブレックス PTS AST RBD PF
田臥 勇太  12   2   0   3  
小林 大祐  5   0   0   1  
カイル・バローン  17   0   9   0  
山田 大治  1   1   2   1  
遠藤 祐亮  3   1   2   2  
13  渡邊 裕規  10   4   4   2  
22  網野 友雄  0   0   0   0  
24  トミー・ブレントン  9   4   10   3  
25  古川 孝敏  5   2   2   1  
27  熊谷 尚也  8   1   1   1  
32  ライアン・ロシター  7   4   8   5  
73  田渡 修人  0   0   0   0  
千葉ジェッツ PTS AST RBD PF
佐藤 博紀  0   0   0   0  
一色 翔太   -   -   -   -  
星野 拓海  -   -   -   -  
宮永 雄太  0   2   1   2  
田中 健介   -   -   -   -  
11  西村 文男  6   1   0   2  
22  上江田 勇樹  4   0   0   1  
23  パリス・ホーン  12   1   1   2  
24  ジャスティン・バレル  15   0   13   4  
25  荒尾 岳  4   0   5   1  
27  石井 講祐  13   0   4   2  
34  小野 龍猛  11   1   4   2  

レポート

栃木との第2戦、何とか1勝1敗でこのシリーズを終わらせたいジェッツは昨日と同じく#11西村、#24バレル、#25荒尾、#27石井、#34小野のラインナップでスタートする。両チームともセットプレーを遂行するために緻密に動いていくがそれに対してのディフェンスもタイトにお互いがついていく。ジェッツは#24バレルや#27石井が得点に絡んでいくが栃木のアウトサイド陣は今日も好調で#13渡邉、#25古川などのシューター陣に決められてしまう。ジェッツは昨日の試合で効果的だった#34小野のポストプレーを駆使しようとするがなかなかマッチしない。お互いに拮抗した得点状況が続き22対19と3点ビハインドでこのピリオドを終了する。

レポート

第2ピリオド、ジェッツは開始から#22上江田、#24バレルが得点を挙げ逆転に成功する。ここで突き放しにかかりたいジェッツであったが、栃木のタイトなディフェンスにボールを回すことが出来ない。ジェッツは#23ホーンがリズムを変えるべくドライブ中心でオフェンスを組み立てていく。しかし一つの気の緩みから栃木にたたみ掛けられ拮抗していた得点差を広げられてしまう。ジェッツは#24バレルがインサイドで奮起し得点差を縮めにかかるが、終盤になるとジェッツのオフェンスはタフショットが多くなりリズムが悪くなる。すると栃木にリズムが傾き、#6小林に3Pシュートを含む連続得点を許し38対31と7点ビハインドで前半を終了する。

レポート

第3ピリオド、ジェッツ#24バレルがインサイドで仕事をするがレフェリーのジャッジに対し苛立ちを見せ決められるシュートもリングに嫌われてしまう。ジェッツはそれでもディフェンスからリズムを作ると、これまでマッチしていなかった#34小野のポストプレーや#27石井が3Pシュートを決め、連続得点から1点差まで追い上げる。栃木はタイムアウトを請求する。タイムアウト明け、栃木はジェッツ#34小野のポストアップに対してマッチアップを代え対応していく。それでもジェッツ#34小野はポストプレーから起点になっていく。しかし、ジェッツはディフェンス面で相手にオフェンスリバウンドを取られセカンドチャンスを許してしまい栃木のインサイド陣に得点を許すとまたしても点差を広げられ54対49と5点ビハインドで最終ピリオドへ。

レポート

第4ピリオド、ジェッツは入りが悪く最初のオフェンスでターンオーバーを犯すとディフェンス面でも集中力を欠き、栃木のアウトオブバウンズから簡単にジャンプシュートを許すなどピリッとしない。ジェッツはタイムアウトを請求。タイムアウト明け、ジェッツはドライブで相手を切り崩したく#23ホーンのオフェンスを多用するがミスが続いてしまう。栃木#32ロシターが中盤にファールトラブルで退場し、チャンスを迎えるがジェッツはことごとくチャンスを掴むことが出来ず得点を伸ばせない。ジェッツはそれでも#23ホーンのアイソレーションプレーを多用するが栃木も警戒をし、思うように攻め込めない。ジェッツはディフェンスでプレスディフェンスを仕掛けるが前のめりになったところを栃木にかいくぐられ栃木ペースで試合は進み、このシリーズ、2連敗を喫した。

HC | レジー・ゲーリー コメント

非常にタフな敗戦となりましたが、チームの事は本当に誇りに思っています。リンク栃木を77点に抑える事ができ、自分達がチャンスを掴めるディフェンスができたので良かったと思います。今週末のゲームから学べる事はとても多くありました。特にリンク栃木の第4ピリオドの大事な時のプレーが本当に素晴らしかったと思います。こういう相手から学んで自分達も同じレベルに達する事ができればと思います。
#5 リカート選手を怪我で欠いている中、タフな週末ではありましたが、今後についてはポジティブに考えています。
 
15:00
開    場: 13:30

ブレックスアリーナ宇都宮
2014年11月16日
VS [リンク栃木ブレックス] RUN and GUN!!

アウェーでの和歌山戦を2連勝して6勝4敗とした千葉ジェッツは、再びアウェーでのリンク栃木ブレックス戦に臨む。相手は今シーズン8勝2敗(カンファレンス2位)と開幕から好調な滑り出しをしている。しかもトヨタ東京戦をアウェーで2連勝しており、こちらも勢いをキープ。人気実力ともに衰えを知らない#0田臥勇太選手を擁し、圧倒的なアウェーの雰囲気の中でいかに自分たちのバスケを展開できるか期待したい。

■リンク栃木ブレックスチケット情報はこちら