MENU

千葉ジェッツ

CHIBA JETS
FUNABASHI

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【千葉ジェッツ 夢のアリーナプロジェクト】 始動

【千葉ジェッツ 夢のアリーナプロジェクト】 始動

千葉ジェッツは2010年に千葉県初のプロバスケットボールチームとして創設後、bjリーグ、NBLを経て2016年よりB.LEAGUEに所属し、千葉県及び全国のバスケットボールファンに感動と熱狂を提供してまいりました。
B.LEAGUE参入以降は、試合観客動員数1位、2年連続B1東地区優勝、天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会3連覇と歴史に残る多くの実績を残すことができました。

このような素晴らしい結果を残すことが出来たのも、千葉ジェッツを取り巻く、多くの方々のご声援・ご支援の賜物であると強く感じており、我々が掲げている「千葉ジェッツを取り巻く全ての人たちと共にハッピーになる」という活動理念の、実現に向けて着実に前に進んでいる事を強く感じております。

皆さま、本当にありがとうございます。

しかし、こういった好調な状況においても、理念の実現及び千葉ジェッツのさらなる成長を実現するためには、乗り越えていくべき課題を抱えております。
それは、観戦環境の整備です。現在は船橋市及び千葉市の多大なご支援のもと、船橋アリーナ及び千葉ポートアリーナをホームアリーナとしてブースターの皆さまをお迎えしておりますが、 観客動員数が伸びてきたことで満員御礼の開催が増えてきております。
クラブとしてはとても喜ばしいことではありますが、満員御礼状態とは「千葉ジェッツの試合を見たいのにチケットが手に入らない」ブースターが一定数存在する状態で、最高の観戦体験を提供できていない現状となっております。

そこで我々は、長年掲げてきた「千葉ジェッツ 夢のアリーナプロジェクト」を本格始動することを決意いたしました。

1万人規模のアリーナを建設いたします。
本アリーナが実現すれば、より多くのブースターに千葉ジェッツの試合を体験頂くことができるようになります。
今まで以上に多くの方にお越しいただき、多くの声援を頂ける環境ができれば、船橋から世界・アジアへ挑戦できるチームに成長していけると信じております。

皆さまのご意見を伺い、ジェッツに関わる人たちにとって、夢のアリーナを一緒に創っていきたいと思っております。
具体的な検討が進むにつれて、続報をお伝えしていくので、楽しみにしていてください。

これからも千葉ジェッツへのご声援・ご支援を宜しくお願い申し上げます。



2019年4月 株式会社千葉ジェッツふなばし 代表取締役社長 島田慎二