MENU

CHIBA JETS FUNABASHI

MENU

NEWS

HOME>ニュース>『オリモvsシマダ どちらが多くTシャツを売れるか!?47歳社長対決』結果報告

『オリモvsシマダ どちらが多くTシャツを売れるか!?47歳社長対決』結果報告

この度、千葉ジェッツとレバンガ北海道では、3/31(土)、4/1(日)および、 4/28(土)、4/29(日)に開催された両クラブホーム試合会場にて 『オリモvsシマダ どちらが多くTシャツを売れるか!?47歳社長対決』実施いたしました。

折茂武彦と島田慎二、共に1970年生まれの現在47歳、Bリーグのクラブチームの代表取締役であり、 Bリーグの理事も務めるなど、何かと共通点の多い2人。対決の内容は、両名にちなんだグッズを制作し、 両クラブの対戦試合会場での販売数を競うというもの。

3/31(土)、4/1(日)に実施された第一ラウンド、レバンガ北海道のホームアリーナでの両クラブ対戦では、 2日間の販売枚数は、折茂選手『181』、クラブ代表島田『29』と、レジェンド・折茂選手に大きくリードを奪われました。

しかし、4/28(土)、4/29(日)に行われた、千葉ジェッツのホームアリーナでの 両クラブ対戦時に実施された第二ラウンドでは、累計の販売枚数は、折茂選手『232』、クラブ代表島田『249』。 152枚あった差を最後の最後でひっくり返し、クラブ代表島田が勝利! この企画の罰ゲームである、折茂選手の一日付き人が決定いたしました。

はたして、レジェンド・折茂選手の一日付き人の内容やいかに・・!? 本企画にご参加くださり、Tシャツを購入された両クラブブースターの皆さま、ありがとうございました!

※一日付き人の実施はシーズンオフを予定しております。 日時、内容等は追って両クラブのWEBサイト、SNSにてお知らせさせていただきます。

IMG_2009.JPG

RELATED

関連ニュース